「コイツ、恋愛する気ないな…」と失望する片思いの男性の態度あるある7パターン


「ちょっといいな」と思う男性がいても、彼がまったく恋愛に無関心だと「アプローチしてもムダだな…」とはなから諦めてしまうものです。そこで今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「『この人、恋愛する気あるのかな』と不安になる男性の一言」を紹介します。

  • 【1】久しぶりに会うのに、仕事の話ばかりで「忙しい」を連発するとき

    「忙しい合間をぬって来てくれた」と考え方を切り替えて、仕事疲れしている彼を気遣ってはいかがでしょう。

  • 【2】将来の夢を語るとき「恋愛」や「結婚」の話がまったく出てこないとき

    ただしいまは結婚願望がない男性でも、仕事で一人前になったり何かキッカケがあれば結婚観が変わる可能性もあります。

  • 【3】ゲームやアニメのキャラクターについて嬉しそうに語っているとき

    二次元の女性にしか興味がないと感じてドン引きするパターンです。ただし、アニメ好きでも彼女はほしいという男性のほうが多いので諦める必要はなさそうです。

  • 【4】「男友達のほうが気楽でいい」と女性の存在を面倒がるとき

    男友達と変わらない「居心地の良さ」を彼に感じさせることができれば、可能性はゼロではなさそうです。

  • 【5】元カノを忘れられず、他の女性に目が行かないとき

    「自分が入る余地ない」と早々に諦めるより、「過去の恋愛は新しい恋で忘れるって言うけどね」と揺さぶりを掛けても良さそうです。

  • 【6】「一人でいるのが一番ラク」と誰かと一緒に過ごすことを拒むとき

    人づきあいが苦手な人に見られる考え方です。「二人でいてもラク」な存在になれるよう、がんばって彼の心を開く必要がありそうです。

  • 【7】「結婚したら自由がなくなる」など恋愛や結婚にネガティブな発言をしたとき

    「一生ひとりってわけでもないんでしょ?」という切り口だと「ま、いつかはね」という前向きな答えも聞けるかもしれません。

彼の恋愛や結婚に対する頑なな態度も期間限定なだけかもしれません。彼がその気になったとき、一番そばにいられるようにまずは一緒にいて安心するパートナーのような関係を目指してみてはいかがでしょうか。
Photo:All images by iStock