初デートのきっかけになった男性からのLINE・メールあるある7パターン


メールでは話が盛り上がる男性でも「二人で会う」となると慎重になるもの。でも相手の誘い方次第では、すんなりOKをする場合もあるようです。そこで今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「これなら『デートしたい!』と前向きになった男性からのメール」を紹介します。

  • 【1】飲み会など夜の誘いではない「今日ランチしない?」

    明るい昼間なら二人きりでも安心して会えそうです。

  • 【2】同じ趣味で話が盛り上がったときの「今度一緒に遊ばない?」

    同じ趣味を持つ相手となら情報交換ができ、素直に「楽しそう!」と思えます。

  • 【3】男だけでは入りにくいスイーツのお店に「付き合ってくれる?」

    スイーツ好きなら女性にとっては大歓迎のお誘いです。「その近くにもおいしい店があるよ」と教えれば、「そこも行ってみよう!」と彼のテンションも上がりそうです。

  • 【4】仲良しグループの男性からの「たまには二人で遊びに行かない?」

    まんざらでもない場合、「SF映画が好きだったよね」と彼の好みを把握していることを伝えると、感激してくれそうです。

  • 【5】文面から女性が落ち込んでいるのを察して「ストレス発散しに飲みに行こう!」

    ただし自分の愚痴や悩みだけを話すと彼がげんなりするので、「○○くんも話したいことあったら聞くよ!」と気遣いを見せましょう。

  • 【6】口実なのがバレバレでほほえましい「母親の誕生日プレゼントを一緒に選んでほしい」

    「好きな食べ物とか趣味は?」と彼のお母さんについて熱心に尋ねることで、あなたに対する信頼感が増しそうです。

  • 【7】「イタリアンが好き」と自分の好物を述べたあとの「今度、一緒に行かない?」

    「○○にあるお店が気になる」などと乗り気な姿勢を示せば、彼も「思い切って誘って良かった」とホッとするでしょう。

何回かのメールのやりとりで気心がしれた男性なら、難しく考えず、気軽に会ってみると今後のお付き合いにも良い発展が望めるかもしれません。
Photo:All images by iStock