遠距離恋愛中の彼氏が「やっぱり俺にはお前しかいない!」と思いを新たにするメール9パターン


遠距離恋愛はお互いに気持ちをつなぎとめるための努力が必要だと言われます。女性の側もただ相手を信じるのではなく、改めてこちらを振り向かせるためのアピールも必要なのかもしれません。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「遠距離恋愛中の彼氏が『やっぱり俺にはお前しかいない!』と思いを新たにするメール」をご紹介します。

  • 【1】自分の画像付きのメール

    「愛おしさが高まります」(20代男性)など、文字だけでなく画像を送ることで、彼氏は「離れたところに自分を待つ人がいる」という実感が増すようです。理由なく自分撮りするのに抵抗がある人も、出かけたときなどは報告がてら写真を撮っておくといいでしょう。

  • 【2】「好きだよ!」とストレートに気持ちを表現したメール

    「やっぱうれしいですよね」(30代男性)など、長く付き合った間柄でも、きちんと「好き」と表現することは大切なようです。少し照れくさかったりもしますが、日常的に伝えていない人ほど「好き」の言葉に重みも出そうです。

  • 【3】会ったときに何がしたいか楽しげに希望を並べたメール

    「デートが想像できていいですね」(20代男性)など、「今度、二人で○○しようね!」と呼びかけると、彼氏も実現が楽しみになるようです。ただし、会えない反動からうっかり贅沢な理想ばかり語ってしまうと、彼氏が面倒に感じてしまうかもしれません。

  • 【4】彼氏がいないと一日が退屈だったという「さみしさアピール」メール

    「俺がいないとダメなんだな、って思うかも」(20代男性)など、適度なさみしさアピールは、彼氏の「そばにいて守りたい」という男心を刺激することもあるようです。ただし、しょっちゅうさみしさだけを訴えるばかりでは、「自立できず頼りない女性」という印象を与える恐れがあるでしょう。

  • 【5】いつもとは異なるタイミングでの「会いたい」メール

    「なんかリアルで心配になる」(30代男性)など、不意の「会いたい」メールは彼女の心の叫びと受け取る男性もいるようです。普段泣き言を言わない女性の突然の「会いたい」ほど、男性は「なんとかしよう!」と奮い立ってしまいそうです。

  • 【6】最近買った服の画像付きメール

    「着たところをイメージすると会いたくなる」(20代男性)など、洋服だけの画像でも、彼氏の想像力を刺激することがあるようです。また、服を体の前で合わせてみた画像も、一緒に買い物に行ったような気分で楽しんでもらえそうです。

  • 【7】自分ががんばっていることの報告メール

    「『こっちもぼんやりしてられないな』と思う」(20代男性)など、仕事や趣味に懸命に取り組んでいることがわかると、彼氏は「やっぱり誰よりいい女だな」と他の女性に目が向かなくなるようです。「マラソン大会に出る」などの目標があると、彼氏も応援しやすいのではないでしょうか。

  • 【8】おいしそうな手づくり料理の画像付きメール

    「手料理に弱いもんで」(30代男性)など、料理の腕を磨いている様子に、将来のビジョンが広がってしまう男性は多いようです。窓辺に置いてみる、カメラを寄せてみる、といったおいしそうに撮る工夫も、彼氏の気持ちを引き付けるのに有効かもしれません。

  • 【9】「忙しいみたいだから返事はいいよ」といった気遣いメール

    「健気さに放っておけなくなる」(20代男性)など、気遣いを感じる遠慮がちなメールを見ると、遠方で浮かれた彼の気分も引き締まるようです。「もっとメールして」といった要求ばかりだと、彼氏も他に安らぎを求めてしまうのかもしれません。

さみしいのはお互い同じなので、求めてばかりいると彼氏もストレスを感じてしまうのかもしれません。彼氏の気持ちになって二人でいるときの様子が想像できるような楽しいメールを送ることが、遠くにいる彼氏の心をつなぎとめる秘訣と言えそうです。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock