離婚したての男性に「キミのおかげで癒された…」と感謝される一言9パターン


どんなに愛し合って結婚したカップルでも、残念ながら離婚という選択をする場合があります。身近な男性が離婚してしまったら、どのような言葉で慰めればいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性165名に聞いたアンケートを参考に「離婚したての男性に『キミのおかげで癒された…』と感謝される一言」をご紹介します。

  • 【1】「バツイチってモテるらしいよ」と冗談っぽく笑う

    「ちょっと希望が見えたかも(笑)」(20代男性)というように、気が滅入っているときの軽口は、バツイチ男子の心を少し明るくするようです。ただし泣くほど落ち込んでいる場合は、テンションが違いすぎるので、相手の状態を見極める必要はあるでしょう。

  • 【2】「いつでも連絡してよ」と親身に相談を聞く姿勢を見せる

    「離婚しても一人じゃないんだな、と思えた」(20代男性)というように、まだまだ愚痴りたいことがありそうなら、受け皿を買って出るといいでしょう。あまり時間がとれないときは、「今日は難しいけど」と前置きすれば、「友達甲斐のないヤツ」という汚名は免れそうです。

  • 【3】「もっといい人見つかるよ」とストレートに励ます

    「ありきたりだけど、一番言ってほしいセリフ!」(20代男性)というように、次の出会いを応援する言葉は、どんな男性の胸にも響くようです。「友達紹介しようか?」と申し出て、チャンスはいくらでもあることを思い起こさせてあげましょう。

  • 【4】「私なんか一度も結婚してないんだから!」と自虐ネタで笑わせる

    「なんか、久しぶりに笑ったかも(苦笑)」(20代男性)というように、離婚のあれこれで心が疲れている様子なら、自分をネタにしてでもクスっと笑わせてあげたほうがいいでしょう。彼氏とのノロケ話、モテ話などは、しばらく封印するのが優しさかもしれません。

  • 【5】「別れて正解だったよ」と離婚を肯定する

    「親の『もう少し頑張れなかったの?』という言葉に凹んでたから、嬉しかった」(20代男性)というように、離婚自体に罪悪感を抱いている男性には、「正しい選択だった」と味方になってあげるとよさそうです。「5組に1組の夫婦が離婚するらしい」などと「珍しいことじゃない」と思える情報を添えると、さらに説得力が増しそうです。

  • 【6】「これでまた遊べるね」と良い面を語る

    「『結婚してる間、正直寂しかったんだから』と言われて、キュンとした」(20代男性)というように、独身に戻ったことによるメリットを強調する方法です。結婚しているときの愚痴を思い出し、「お小遣い制から解放されて、また趣味に打ち込めるね」などとアレンジを加えてはいかがでしょうか。

  • 【7】「あなたでも別れるなんて、結婚って難しいね」とねぎらう

    「結婚に向いてないのかな、と思ってたから救われた」(20代男性)というように、恋愛全般に対して自信を失っている男性には、「うまくいくほうが珍しいのだ」というニュアンスで励ます手もあります。「次はきっと大丈夫」と続ければ、新しい恋に向けて背中を押してあげられそうです。

  • 【8】「よし、今日は飲みに行こう!」と気晴らしに誘う

    「ムシャクシャしてたし、遊びの誘いは大歓迎」(20代男性)など、「一仕事終えた!」という気分になっている男性には、ノリよくとことん付き合ってあげると喜ばれそうです。「今日は離婚の話はナシね」と宣言して、気持ちを切り替えさせてはいかがでしょうか。

  • 【9】「次は私と結婚しようか?」と思わせぶりに言う

    「社交辞令だとわかってても嬉しい」(20代男性)というように、「離婚しても十分魅力的だ」と伝えるセリフも、男性の心に刺さるようです。ただし、本気にされる可能性もあるので、恋愛対象外の男性には言わないほうが賢明でしょう。

離婚によってダメージを受けたポイントを見極めれば、おのずと励まし方も定まりそうです。「大変だったね」などと言って少し話を聞き出し、方向性を決めてはいかがでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年1月14日(火)から21日(火)まで
対象:合計165名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock