今だから言える「別れた元カノに伝えたいこと」9パターン


別れてから、はじめて素直に伝えられることもあると思います。元カレがあなたに言い残したこととはなんでしょうか。そこで今回は『スゴレン』の男性の読者の声を集めた「今だから言える『別れた元カノに伝えたいこと』」をご紹介いたします。

  • 【1】「俺が未熟でした。幸せにできなくてごめんね」

    「家族を養えるか不安だった」(20代男性)というように、彼女のことは間違いなく好きだけれど、自信がないのでわざと結婚を敬遠し続けたという男性のメッセージです。「絶対に彼女を幸せにしたい」と責任感の強い男性ほど、家庭を築くことを恐れているのかもしれません。

  • 【2】「俺はもっとでっかくなるから、そしたらまた戻ってきなよ!」

    「年上の男に盗られた」(20代男性)というように、別れの原因が「男の魅力の差」でライバルに負けた場合、元カノへ自身の成長を誓う男性もいました。悔しい別れをたくさん経験してきている男性ほど、女性を幸せにするために一生懸命になってくれそうです。

  • 【3】「裏切るようなことして、マジでゴメン!!」

    「いつも許してくれたけど、最後の最後は笑ってくれなかったね」(30代男性)というように、度重なる浮気などで彼女に辛い思いをさせたことを激しく後悔している男性も。付き合っていた彼女がいかに素敵だったのか、別れてから初めて気づくという男性も少なくないのかもしれません。

  • 【4】「お金より大切なものはたくさんあるよ」

    「やっぱカネじゃ満たされないよ」(20代男性)というように、自分に金銭的余裕が生まれたからこそ「お金じゃ買えない幸福感」をあらためて実感し、お金への執着心が強かった元カノの行く末を不安視している男性も。お金持ちの男性ほど、カネが全てではないことを知っているのでしょう。

  • 【5】「好きになってくれてありがとう。おかげで生きる自信がわいた」

    「一生、彼女はできないと思っていたので」(20代男性)というように、モテない自分に振り向いてくれた彼女に、心からの感謝の気持ちを伝えたいという男性も少なくありません。男性にとって初めての彼女は、付き合っているときに大切にするだけでなく、別れてからも心の中に生き続けるものなのかもしれません。

  • 【6】「次は浮気なんかすんなよ!」

    「いい女なんだからマジメに生きてほしい」(20代男性)というように、一度は好きになった女性だからこそ、裏切りのような「自分の価値をおとしめること」をしてほしくないと願う男性も。気持ちが冷めたら浮気する前に別れるなど、スジを通しておけば、いいイメージのまま男性の心の中に残っていられそうです。

  • 【7】「俺がダメだったのはわかるけど、変な噂を流さないで!」

    「学校行くのがつらいわ」(10代男性)というように、元カノから不利益を被っていて、文句を言いたいという男性もいます。別れた恋人をけなすことは、その人と付き合ってきた自分までを否定し、かつ周りからの印象を悪くする恐れがあるので、控えたほうがいいでしょう。

  • 【8】「どこが嫌いだったのか教えてくれ!」

    「次に活かしたいので」(20代男性)というように、別れた理由を反省材料にしたいので、元カノにぜひ教えてほしいと願っている男性も。相手を刺激しないように言葉を曖昧にするよりも、別れに至った理由をしっかり伝えたほうが、男性のためになるのかもしれません。

  • 【9】「出会えてよかった。本当にありがとう」

    「別れたのは辛いけど、幸せな思い出がたくさん」(20代男性)というように、自分を成長させてくれた元カノに感謝の想いを伝えたいという男性もいます。元恋人と一緒に過ごした時間は、人生の大切なひとコマ。結果的に別れることになっても、恋人の前ではつねに誠実でありたいところです。

「今だから言える『別れた元カノに伝えたいこと』」のように、あなたが元カレに伝えたいことはありますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock