エッチ中に、「この男、ド変態かも」と思った瞬間9パターン


エッチの醍醐味のひとつは、お互いに普段は隠している欲望をぶつけ合うこと。しかし、カゲキすぎる行為を仕掛けるとドン引きされてしまうので、事前に女性の許容範囲を把握しておきたいところです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に行ったアンケートを参考にして、「エッチ中に、『この男、ド変態かも』と思った瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】シャワー前のワキをうれしそうにクンクンする

    「デリカシーがない男はイヤ!」(20代女性)と、体臭を気にするオトメに一蹴されそうです。「君のフェロモンを産地直送で感じたいんだ!」など、自分なりにあふれる愛情をアピールして彼女を説得するか、大人しくエッチの前にシャワーを勧めてあげましょう。

  • 【2】何の前触れもなく手を縛ったり、目隠しをする

    「いきなりやられても怖いだけ…」(10代女性)など、唐突に行うせいで愛情が伝わりにくくなってしまいます。信頼関係が完璧に築けていない相手には単なる暴力になってしまうこともあるので、少しでもSM的な行為をしたいときは必ず相手に許可を求めましょう。

  • 【3】「ヨダレ飲ませて」と、唾液をリクエストする

    「わざわざ出して飲ませるものじゃない!」(20代女性)など、おもむろに唾液だけを欲しがる理由がわからないようです。どうしても我慢できない場合は、先に「もっと激しいキスをしよう」と言うなど、キスありきでリクエストすれば受け入れてもらえるかもしれません。

  • 【4】エッチの時だけキャラが豹変して、「メス豚!」と呼んでくる

    「相手の本性がわからなくなる…」(30代女性)と、不信感を持たれる恐れがあります。女性がエッチのときの態度で相手の愛情を測るのは当たり前。普段よりも優しいキャラにチェンジして、たとえ冗談のつもりでも冷たい言葉を浴びせるのは避けましょう。

  • 【5】「これ着てよ」と、コスプレを用意する

    「私はあんたの人形じゃないっつーの!」(10代女性)など、自分勝手な要求だと思われるようです。珍しい衣装を持参すると「ヤリすぎ」だと思われるので、手始めに彼女の手持ちの制服からお願いしてみるのもひとつの手段です。

  • 【6】「プレゼントがある」と言って、大人のオモチャを渡してくる

    「もらっても置き場所に困るし…」(20代女性)と、受け取ってもらえない可能性が高いでしょう。道具に頼ろうとする精神を見損なわれるかもしれません。彼女が好奇心旺盛でエッチにどん欲なタイプではない限り、大人のオモチャを渡すのは控えましょう。

  • 【7】パンパンとお尻を叩きながら「気持ちいい?」と聞く

    「普通に痛いに決まってるし!」(30代女性)など、「勘違い野郎」と思われてもおかしくありません。もちろん、お尻は叩くものではなく優しくさするものです。アダルトビデオなどに影響されていると思われないように、不自然な行為は慎みましょう。

  • 【8】「俺の枕にしたいから!」と、ブラジャーを持ちかえろうとする

    「隠れて下着ドロボーとかしてそう…」(10代女性)など、変質者疑惑を持たれます。どうしても欲しい場合は新しい下着を買ってあげて引き換えるなど、彼女に損をさせないような配慮を忘れずに。

  • 【9】「お守りにしたいから」と、陰毛をねだる

    「バカバカしい! 勝手に持ってけ!」(20代女性)など、勇気を出して打ち明けてもドン引きされるのがオチです。ベッドに落ちている縮れ毛をこっそり拾うなど、彼女にバレないように採取しましょう。

「エッチ中に、『この男、ド変態かも』と思った瞬間」には、他にどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock