男性が「ちょ、なにそれw」と思わずふきだしそうになるあえぎ声9パターン


快感の自然な発露であるあえぎ声を、ムリに抑えるのは不健康かもしれません。ただ、声の出し方によっては男性がエッチに集中できなくなってしまうこともあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「男性が『ちょ、なにそれw』と思わずふきだしそうになるあえぎ声」をご紹介します。

  • 【1】周囲に聞こえないかと気が散るほど大きな声で「アーン!」

    「家の壁が薄いので、ハラハラした」(20代男性)など、世間体を気にして行為に没頭できなくなる男性は多いようです。自分一人で快楽に浸っていると思われないためにも、相手の男性や環境に対する多少の配慮は必要でしょう。

  • 【2】AVそのままのような演技っぽい裏声で「アン、アン、イイッ!」

    「嘘っぽくて興ざめする」(20代男性)など、いかにもなあえぎ声は「心から感じていないのでは?」という疑念を抱かれてしまうようです。あえてあえぎ声を抑えてみると、男性にリアルな艶かしさを感じさせることができるかもしれません。

  • 【3】なぜか外国人のように英語っぽく「Oh、Ah…」

    「Yes、とか言い出しそうで、なんか笑っちゃう」(30代男性)など、急に外国人らしくなるギャップに、男性は笑いを誘われるようです。オーバーなリアクションが、男性に英語っぽく感じさせてしまうポイントなのかもしれません。

  • 【4】マンガのセリフをそのまま口にしたようでウソっぽい「アハーン」

    「ギャグかと思った」(20代男性)など、あえぎ声を文字で表現したような言葉を、そのまま口にすることに違和感を抱く男性は少なくなさそうです。男性を興奮させようと意図的に声を出している人は、注意したほうがいいかもしれません。

  • 【5】濁った息の漏れ方がちょっとブタっぽい「んがっ」

    「アクシデントだからしょうがないけど…」(30代男性)など、男性も事情はわかりつつ、ついおもしろい音に反応してしまうようです。予防のために最低限できることといえば、鼻はかんでおくことでしょうか。

  • 【6】吐息と混ざって濁点だらけになった「ギッモッヂッイー」

    「エロいの半分、おもしろいの半分」(20代男性)など、吐息まじりのあえぎ声に複雑な感情を抱く男性もいるようです。基本的に、息が荒くなっているときはムリにしゃべらないほうがいいでしょう。

  • 【7】ネコのしっぽを踏んだようでビックリさせられる「ギャー!」

    「どこか痛いのかと思って心配したw」(30代男性)など、叫び声のようなあえぎ方は、男性に余計な不安を抱かせてしまうようです。本能的な声だけに、抑えるのはむずかしいかもしれませんが、ボリュームくらいは下げたいところです。

  • 【8】何か思い出したように一言「あ」

    「思わず『え?』って聞いてしまった」(20代男性)など、絶妙な間に男性は気をそがれてしまうようです。エッチの最中に少しずつ声を出していれば、間の抜けた一言になることもないでしょう。

  • 【9】ツッコミを入れたくなるほど、最初から最後までずっと「イクー!」

    「ずーっとイキっぱなしかい!」(20代男性)など、男性がついつい矛盾のほうに気をとられてしまうようです。「イク」だけのワンパターンは表現的にも貧しいと思われがちなので、「気持ちいい」といった最低限のバリエーションは増やしたいところです。

ほかにも「男性が『ちょ、なにそれw』と思わずふきだしそうになるあえぎ声」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock