エッチ中、男性のテンションを急降下させてしまう一言9パターン


エッチの最中は、お互いが気持ち良くなるために集中しているものですが、ときには女性の心ない一言で欲情が一気に冷めてしまう男性もいるようです。では、どんなセリフが男性のテンションを急降下させてしまうのでしょうか? 『スゴレン』読者の男性の意見を紹介します。

  • 【1】投げやりな感じで「好きにイッていいよー」と言う

    「僕ひとりが楽しんでいるみたいで、イラっとする」(30代男性)、「気持ち良くしてあげようと必死なのに、ショック…」(30代男性)など、自分ひとりが一生懸命になっていると感じてしまう男性が多いようです。投げやりな発言は、控えたほうが良さそうです。

  • 【2】自分以外の男性の名前を叫ぶ

    「常識的に考えてマナー違反だし、ほかの男の名前を呼ばれたら気分が悪い」(20代男性)、「元カレと比べられているような気がしてムカつく」(10代男性)など、しらける男性が多いようです。自分がエッチ中に元カノの名前を言われたときの気持ちを想像してみたら、無意識にでも元カレの名前など叫ぶことはなさそうです。

  • 【3】面倒くさそうに「疲れたから早くして」とせかす

    「単純に、気持ち良くなかったのかなと思ってガッカリします」(40代男性)、「愛されていない気がする」(20代男性)など、ショックを受ける男性が多いようです。早くしてほしいと思うときは、自分から動いて彼をより興奮させるなどの努力をしたほうが良さそうです。

  • 【4】触れるたびに「そこはダメ!」と振り払う

    「愛が感じられません」(20代男性)、「何度もダメと言われると、雰囲気が壊れて気持ちも萎える」(20代男性)など、ムードがなくなると感じている男性がいるようです。触られたくないところについては、普段の会話で伝えておくと良いかもしれません。

  • 【5】「もっとちょうだい!」など、嫌らしい言葉を連発する

    「慣れている感じがして、不快です」(20代男性)、「ほかの男にも同じように言っていたのかなと思ってしまう」(30代男性)など、女性がみだらな発言をすることを不快に感じる男性がいるようです。尻の軽い女性だと思われる可能性もあるので、控えたほうが良いかもしれません。

  • 【6】「本当に入っているの?」と疑う

    「一生懸命やっているのに、萎えてもっと小さくなりそう…」(30代男性)、「『小さくて悪かったな!』と、逆ギレした」(20代男性)など、性器のサイズにかかわる発言に敏感な男性が少なくないようです。「本当に入っているの?」と感じても、声に出して言わないのが無難でしょう。

  • 【7】合体した瞬間に、「違う! そこじゃない!」と否定する

    「一方的に否定されると、頭にくる」(30代男性)、「キツイ言い方で否定されると萎える」(10代男性)など、エッチ中の動き方や触り方を否定されると傷つく男性がいるようです。頭ごなしに否定するのではなく、自分から体を動かすなどして、男性をうまく導いてあげると良いかもしれません。

  • 【8】純日本人なのに「Oh Yes!」などと英語で喘ぐ

    「演技で喘いでいるんだろうなと思っちゃう」(20代男性)、「茶化されているような感じがして、気分が悪い」(30代男性)など、わざとらしい喘ぎ声に引いてしまう男性がいるようです。お互いに興奮するために喘ぐことは必要かもしれませんが、なるべく自然に声をあげたほうが良さそうです。

  • 【9】芝居がかった感じで、「こんなに興奮したの、初めて」と漏らす

    「バージンじゃないとわかっていても、前の男とのセックスを連想させるようなことを言われると嫌なものですよ」(20代男性)など、ダメージを受ける男性がいるようです。気持ち良さを素直に伝えること自体は男性に喜ばれそうですが、「気持ちいい…」などと、かわいくストレートに言ったほうがいいでしょう。

言ってしまった覚えのあるセリフはありましたか? 良かれと思って言ったことが逆に男性を冷めさせることがあるかもしれません。皆さんのご意見をお待ちしております。(遠藤マイケル/verb)
Photo:All images by iStock