デート中、男性がエッチな気分になる瞬間9パターン


「今日、エッチしようよ」と、ストレートに誘うのは恥ずかしいものです。男性の方から自然に誘わせるためには、デート中に男性をソノ気にさせるアプローチを仕掛ける必要がありそうです。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「デート中、男性がエッチな気分になる瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】ボディタッチされたとき

    「やっぱりカラダが触れると『オンナ』を意識してしまう」(10代男性)など、物理的な接触でスイッチが入るパターンです。付き合いが浅く自分から手を繋ぐのが恥ずかしい場合は、会話中に笑いながらさりげなく肩を叩くなどでも自然にボディタッチを仕掛けることができるでしょう。

  • 【2】一緒に観た映画にエッチなシーンが出てきたとき

    「映画と同じことをしても良いような気分になる」(10代男性)と、映像に影響を受けるようです。生々しい描写が多いと気まずくなる可能性もあるので、一緒に観る作品は注意して選びたいところです。前日までに観る予定の映画の口コミ情報を確認しておきましょう。

  • 【3】彼女がリップクリームを塗っているとき

    「その唇を奪いたくなる」(20代男性)など、唇に視線を奪われることで性欲が刺激されるパターンです。化粧室でリップクリームを塗るとせっかくのチャンスを失います。「見られている」意識を持って、男性の前で普段よりゆっくり塗りましょう。

  • 【4】彼女の下着がチラ見えしたとき

    「そのまま裸を連想してしまうから」(20代男性)など、テンションが急上昇するようです。男性に見られても良いように、比較的新しい下着を着用しておきたいところです。ただし、露出が多すぎる服を着るとヤキモチを焼く男性もいるので注意が必要です。

  • 【5】ドラマチックな夜景を見たとき

    「夜景効果で気分が高まる」(20代男性)など、夜景を見たときのドキドキ感が性的な興奮に変換されるようです。いつも日中に近所でデートをしている人は、ときには有名な夜景スポットへ出掛けてみてはいかがでしょうか?

  • 【6】食後にエレベーターで二人きりになったとき

    「外ではなかなか二人きりになれないし」(20代男性)など、密室で二人きりになると興奮する男性もいるようです。男性に意識させるために、エレベーターに入ったらさりげなくカラダを寄せると良いでしょう。

  • 【7】帰りの夜道で人気のない細い路地に入ったとき

    「抱きしめるチャンスだと思ってしまう」(10代男性)など、気持ちが大胆になれるようです。大通りではなく裏道に誘いたいときは、「ゆっくり歩きたいから」などの理由を言えばスムーズに男性をリードできるでしょう。

  • 【8】車の中で彼女の髪の匂いにフェロモンを感じたとき

    「生理的にウットリしてしまう」(20代男性)など、男性の本能をストレートに直撃するようです。デートの朝は入念にシャンプーをしたり、さりげなくヘアコロンを使用するなど、普段よりも意識して髪の匂いにこだわりたいところです。

  • 【9】「今日は帰りたくない」とつぶやかれたとき

    「切ないセリフにグッとくる」(10代男性)など、思わず女性を抱きしめたくなる効果があるようです。強気なテンションで言うとワガママだと思われる可能性もあるので、控えめに小声で「今日は帰りたくない」と言えばカワイイと思ってもらえるでしょう。

デート中、他にはどんな瞬間に男性はエッチな気分になるのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock