女性のエッチに対する姿勢について、男性が不満に思っていること9パターン


「愛があればエッチがビミョーでも問題ない!」という建前を言いつつ、実際はパートナーとの性生活に不満を抱いている男性は少なくありません。愛する人に寂しい思いをさせないためにも、できるところは改善してあげたいところです。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「女性のエッチに対する姿勢について、男性が不満に思っていること9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】いつも受け身のスタンスで自主的に動かない

    「ヤル気ないんかいっ!?」(20代男性)と、パートナーの積極性で愛情を測る男性がいるようです。ときには自分から攻めてみないと、男性が突然スネてしまうかもしれません。「何かしてほしいことある?」と、まずは希望を聞くだけでも喜んでもらえるでしょう。

  • 【2】部屋の光を遮断してカラダを見せてくれない

    「暗闇だったら誰とヤっても同じ」(10代男性)はさすがに言い過ぎでも、何も見えないことに物足りなさを感じる男性も。たとえ恥ずかしくても、段階的に部屋の電気を明るくしてあげれば、「じらし効果」も手伝って男性のテンションを上げることができるでしょう。

  • 【3】カラダが重すぎて思い通りに動かせない

    「トドと格闘しているみたい」(30代男性)というように、気づかぬうちにエッチのたびに男性に重労働を課しているかもしれません…。付き合い始めの頃と比べると劇的に太ったという人は、健康のためにも自主的にダイエットを検討してみてはいかがでしょうか。

  • 【4】気持ちよくさせようとしているのに、リアクションがない

    「反応がないとヤリがいがない」(20代男性)と、男性が意気消チンしてしまわないように、エッチ中のノーリアクションは避けたいところ。男性に指示を出してみるなど、たとえ男性の技術が未熟でもコミュニケーションを取ることを忘れずに。

  • 【5】顔をそむけて目を合わせようとしない

    「俺のこと好きじゃないのかな?」(20代男性)と、自信をなくす男性もいるので、エッチの要所では目を合わせるようにしましょう。さらに、クライマックスを見計らって相手の名前を呼べば、愛の確認作業はバッチリではないでしょうか。

  • 【6】「よっこらせ」など、オッサンのような声を出す

    「萎える。ちょっと油断しすぎでは?」(10代男性)と、ムードを大事にする男性には気になるようです。カラダを起こすときに掛け声を出すとオッサン臭くなるので、いっそ「抱っこして」と頼んだ方がカワイイと思ってもらえるでしょう。

  • 【7】尖った爪でカラダをつかんだり引っかいたりしてくる

    「痛いけど、盛り下がるから言えない」(20代男性)と、男性がガマンしている場合があります。無理に爪を短くする必要はありませんが、エッチ中に男性のカラダをつかむ癖がある人は、できる限り指の第一関節を内側に曲げないようにしてあげましょう。

  • 【8】終わった後に、一目散にシャワーを浴びにいく

    「俺のカラダが汚いってことか?」(20代男性)と、ネガティブに受け取られないように、エッチの後はしばらく一緒に余韻を楽しみましょう。もしくは「一緒に浴びる?」と、ひと言誘えば誤解されずに済みそうです。

  • 【9】「まだ終わらないの?」など、試合時間を短縮させようとする

    「こっちが無理矢理しているみたい」(20代男性)と、みじめな気分になってしまう男性も…。時間に関して苦言を呈するときは、せめてエッチが終わった後にしてあげましょう。

「女性のエッチに対する姿勢について、男性が不満に思っていること」には、ほかにどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock