エッチのとき、「元カレの影響」を感じてしまう瞬間9パターン


お互いの経験や嗜好が反映されやすいエッチ。それだけに、彼女のちょっとしたクセや行動が彼氏に違和感を与えることもあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「エッチのとき、『元カレの影響』を感じてしまう瞬間」をご紹介します。

  • 【1】段取り良く服を脱がされたとき

    「自分で脱ぎたいし、自分の手で脱がせたい」(10代男性)など、服の脱ぎ方一つにも男性ごとにこだわりがあるようです。「女性が自ら率先して服を脱いだのにも驚きました」という男性も多いので、最初は相手の出方をうかがう必要があるかもしれません。

  • 【2】体を隅々までていねいに舐められたとき

    「有料のサービスかと思った…」(20代男性)など、思いもよらないご奉仕に驚く男性もいるようです。「なんでもやってあげたい!」という愛情があっても、まずはリクエストがない限り、男性の体を積極的に舐めるのはよしたほうが無難でしょう。

  • 【3】自分の性感帯じゃない部位をていねいに攻められたとき

    「元カレのリクエストだったんだろうなー」(20代男性)など、自分の好みではない攻められ方に違和感を覚える男性は少なくないようです。男性も性感帯はそれぞれ異なるので、「男の人はこうされるのが好き」と思い込まないほうがいいかもしれません。

  • 【4】「好きな攻められ方」をハッキリと要求されたとき

    「元カレと同じ道をたどっているような気分になる」(30代男性)など、エッチの好みが明確な彼女を見て、過去の経験に思いをはせてしまう男性もいるようです。自分の要求を控える必要はありませんが、「彼と開発していきたい」という気持ちも大切なのかもしれません。

  • 【5】何も言わずにアソコを舐め始められたとき

    「なんか『慣れてんなー』って思う」(20代男性)など、アソコを舐めてもらうことに少しでも遠慮を感じる男性は、その積極性に驚くこともあるようです。彼氏に一言確認をとるだけでも唐突な印象をやわらげることができるでしょう。

  • 【6】「ヘンな顔になるから恥ずかしい」と過去の経験を感じさせる発言をされたとき

    「元カレに指摘されたんだろうなぁ」(20代男性)など、ちょっとした一言に敏感に反応する男性もいるようです。「ヘンな顔に見えないよ」といったフォローを彼氏にもらったら、その言葉を信じないと、「元カレと俺は違う」と彼氏がヘソを曲げてしまうこともあるので注意しましょう。

  • 【7】「お尻を叩いて」などの少しアブノーマルな要求をされたとき

    「自分にそういう性癖がないので…」(20代男性)など、アブノーマルなプレイに相性や経験の差を感じてしまう男性もいるようです。特に男性の嗜好を無視してSやMの役を一方的に要求してしまうと、彼氏に「エッチの相性がよくないかも」と思われてしまうかもしれません。

  • 【8】どんな体位でも動じることなく対応できるとき

    「なんでそんなに知ってんのー?」(10代男性)など、スムーズすぎる展開に疑問を抱いてしまう男性もいるようです。彼氏の要求に対しては、「え、どうすればいいの…?」とあえてちょっと戸惑ってみることも大切なのかもしれません。

  • 【9】「え、その前にまず胸でしょ?」など「自分の中では当然」の順番でエッチしようとするとき

    「俺には俺のやり方がある!」(20代男性)など、彼女の中で固定化されたエッチの展開に元カレの影響を感じ、嫉妬を覚える男性も多いようです。特に最初は彼氏に身を委ねてみて、「彼氏のエッチ観」を学んでみる姿勢も必要なのかもしれません。

ほかにも「エッチのとき、『元カレの影響』を感じてしまう瞬間」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock