何年たってもラブラブなカップルの共通点あるある7パターン


いつまでも付き合いたてのようなラブラブ状態をキープしているカップルは、何か特別なことをしているのでしょうか。今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「何年たってもラブラブなカップルの共通点あるある7つ 」を紹介します。

  • 【1】ケンカをしても、必ず当日に仲直りをする

    仲直りを先延ばしにすると利息のように、わだかまりが溜まっていくものです。

  • 【2】言いたいことは我慢せず、お互いが納得するまで話し合う

    言いたいことも言えずにつきあっているのは「ポイズン(毒)」です。

  • 【3】お互いウソや隠しごとをしない

    「何でも正直に言えば許される」のではなく、そもそも相手にウソをつかないといけないようなやましい行動はとらないことです。

  • 【4】異性がいる飲み会などに参加するときは事前に報告する

    あとで分かると言い訳も難しくなりますが、事前なら一言で簡単に済みそうです。

  • 【5】1日1回は必ず電話やメールでコミュニケーションをする

    チリも積もれば大いなる信頼感につながるでしょう。

  • 【6】「いってらっしゃい」のキスなど、スキンシップを習慣にする

    いつまでも「男と女」でいるためには、キスは有効かもしれません。

  • 【7】「お前」や「ねえ」と言わず、きちんと名前で呼び合う

    「おい」などではなく、ファーストネームで呼び合うと、大切にされていると感じラブラブ感が増すものです。

自分に正直にいながらも、恋人への思いやりも忘れないことが秘訣のようです。もし、今彼氏との関係で我慢していることがあったら、それを話すことから始めてみると良いかもしれません。
Photo:All images by iStock