「キスまでならいいかも」と許せる瞬間あるある7パターン


時々デートをする仲でも「キスを受け入れる決心」がつくのは、どんなタイミングなのでしょう。今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「女性がキスまでならOKと思う瞬間」を紹介します。

  • 【1】男性が顔を近づけてきても、嫌だと思わなかったとき

    どこまで近づけるのか試したい気分にもなります。

  • 【2】相手が自分のことを「好きだ」と分かったとき

    確信が持てれば、告白はキスのあとでも許せるかもしれません。

  • 【3】デートが盛り上がって、帰る直前に寂しくなったとき

    「デートの締めくくり」にキスをしたら、気分が満足して帰れる場合もあります。

  • 【4】一緒にお酒を飲んで、グッと肩を抱かれたとき

    ほろ酔い気分のときにせまられたら、ムードに流されてしまうかもしれません。

  • 【5】今の関係性を壊したくないと思ったとき

    「キスを拒んだら嫌われるかも」という八方美人的発想より、「本当にキスがしたい相手かどうか」をちゃんと考えましょう。

  • 【6】二回断って、相手から三度目の押しがあったとき

    特別嫌な人でなければ、情熱にほだされて受け入れるケースもあるようです。

  • 【7】特別嫌な人でなければ、情熱にほだされて受け入れるケースもあるようです。

    丸一日一緒にいると、親近感が湧いてキスも自然に思えるかもしれません。

自分に好意があり、一緒にいても苦ではない男性とはフトしたきっかけで「キスをしてもいい」と思うかもしれません。ただし、男性側が全員「キス止まり」とは考えていないかもしれないことを肝に銘じておくことです。
Photo:All images by iStock