新入社員に「ウブでかわいい!」と萌えるポイント9パターン


新生活のスタートにあたり、「とりあえず可愛がられたほうが何かと有利!」と考えるならば、多少あざとくても言動ひとつひとつに注意を払う必要があるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性165名に聞いたアンケートを参考に「新入社員に『ウブでかわいい!』と萌えるポイント9パターン」をご紹介します。

  • 【1】就活生ばりにさわやかなスーツ姿の着こなし

    「リクルートスーツみたいで可愛い」(20代男性)というように、慣れないファッションに身を包んだ緊張感のある装いは、男性社員を萌えさせるようです。「就職祝いに祖母が買ってくれたんです」などとフレッシュマンらしいエピソードを披露すると、イメージ戦略は万全かもしれません。

  • 【2】控えめで初々しい髪型やメイク

    「やっぱり黒髪で、ナチュラルメイクがいい」(20代男性)というように、華美で目立つことを狙うより、自然な髪型やメイクに留める配慮が男性社員を萌えさせるようです。多少メイクが下手でも、「スレてない感じでいい!」と好印象を与えることさえあるので、隙があるくらいでちょうどいいのかもしれません。

  • 【3】大したミスでもないのに謝罪するときの泣きそうな顔

    「必死さが伝わって良い」(10代男性)というように、ちょっとした失敗でも平身低頭して謝る姿は、男性社員を萌えさせるようです。逆に言えばミスを認めないのは御法度なので、たとえ自分が正しいと思っても、新入社員のうちは空気に従っておくのが無難かもしれません。

  • 【4】朗らかでハキハキとした挨拶

    「朝から笑顔を見せられると、頑張ろうって気持ちになる」(20代男性)というように、常に明るく振る舞う態度は、男性社員を萌えさせるようです。どんなに疲れていたとしても、一度深呼吸してから笑顔を作ると、健気さをアピールできるでしょう。

  • 【5】あわてすぎてずっこけたりぶつけたりするドジな動き

    「ドジっ子が許されるのは新入社員のうちだけですからね」(20代男性)というように、常にいっぱいいっぱいで失敗をやらかすおっちょこちょいぶりは、男性社員を萌えさせるようです。会社に損害を与えるのは問題ですが、笑い話で済む過失なら、気にしすぎる必要はないでしょう。

  • 【6】冗談でも真に受けてしまう生真面目な反応

    「緊張しすぎているから和ませようと思ったのに(笑)」(20代男性)というように、シャレが通じない必死なリアクションも、男性社員を萌えさせるようです。「冗談だったんだ」とわかった時点で、頬を赤らめて抗議できれば完璧でしょう。

  • 【7】めちゃくちゃ緊張してちょっと変になってる敬語

    「『部長が申されましたことですが』とか」(20代男性)というように、敬語をうまく使い分けられない不器用さが男性社員を萌えさせるようです。イジってもらうネタにもなるので、自信がなくて無口になるよりは、臆することなくガンガン挑戦したほうがいいでしょう。

  • 【8】「すごい!」「尊敬します」などストレートに向けてくれる敬意

    「リップサービスだとしても褒められるとやっぱり嬉しい」(20代男性)というように、何にでも感心してしまう素直な態度は、男性社員を萌えさせるようです。ただし、合いの手のように「すごーい」「うけるー」と言うのでは逆効果なので、きちんと気持ちを込めましょう。

  • 【9】ランチや飲み会に誘うと喜んでついてくる忠犬ぶり

    「結果的に奢ることになっても悪い気はしない」(20代男性)というように、業務以外でも関わろうと尻尾を振ってついてくる新入社員は、男性社員を萌えさせるようです。連れて行ってくれたお店をベタ褒めするのはもちろんのこと、なぜか割り勘になっても「いい店を教えてくださってありがとうございます」と感謝を示すといいでしょう。

いかにも新人らしい言動に対して、好印象を抱く男性社員が多いようです。とはいえ、あまりあざとすぎるやり方は、同性に疎まれる原因になりかねないので、加減を考えましょう。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年1月14日(火)から21日(火)まで
対象:合計165名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock