個性的で気になる!男性を引きつけるプロフィール9パターン


春のシーズンは、大勢の前で「自己紹介」をする機会が増えるもの。男性の興味を惹く「個性」をアピールできれば、あとで話しかけてもらえるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性172名に聞いたアンケートを参考に、「自己紹介で『個性的で気になる!』と思われる女性のプロフィール9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「専門的な学部」「変わったバイト」など、珍しいキャリアを積んでいる

    「単純に気になる。詳しく聞いてみたい」(10代男性)など、一見「ごく普通の女の子」なのにレアな経験を積んでいると、異性は気になるようです。自分にとってはありふれたことが、他人の興味を惹く可能性もあるので、臆せずに話してみましょう。

  • 【2】「バイクが好き」「プロレスマニア」など、女性っぽくない趣味を持っている

    「外見と男臭さのギャップがいい」(20代男性)など、男っぽい趣味にハマっている女性は、男性から見て不思議な魅力があるようです。ただし、「モテる目的」のにわかマニアはすぐ見破られるので、本心から好きなことを語ったほうがいいでしょう。

  • 【3】「海外一人旅が好き」など、行動力が高くタフさがある

    「自立してるタイプって良いよね」(20代男性)など、独立心旺盛で行動力のある女性は、何かと群れがちな若い女性のなかで目立つようです。とはいえ、自己中心的で孤立するタイプだと誤解されないように、協調性がある点もアピールしたいところです。

  • 【4】「ずっと女子校育ち」「海外に住んでいた」など、生い立ちに特徴がある

    「普通の女子とは違う世界観がありそう」(10代男性)など、ちょっと珍しい育ち方をしている女性は、独特のミステリアスな雰囲気を感じさせるようです。「男子校育ち」や「帰国子女」など、似た環境で育った男性を引き寄せる場合もありそうです。

  • 【5】「マイナースポーツ」や「芸事」の経験があり、実はかなりの腕前である

    「キラッと光る才能を隠し持っている感じに惹かれる」(20代男性)など、長く続けている習い事がある女性は、男性から一種の敬意を持たれるようです。「茶道」や「日本舞踊」などの伝統的な芸事は、育ちの良さのアピールにも通じそうです。

  • 【6】「密かにヘビを飼っている」など、珍しい種類のペットがいる

    「確実に変人」(10代男性)など、爬虫類などの変わったペットを飼っている女性は、良くも悪くも「変わり者」として認識されるようです。ドン引きする男性がいる一方で、興味を惹かれる男性もいるため、好き嫌いがハッキリ分かれるかもしれません。

  • 【7】「美少年アニメ好き」など、オタクであることを隠さない

    「オープンなオタクには一種の清々しさがある」(10代男性)など、いまや一般化しつつある「オタク趣味」は、堂々と話すことで好印象を与えるケースもあるようです。ただし、マニアックな話題を一方的にし続けると引かれてしまうので、節度は必要でしょう。

  • 【8】「作曲をする」「絵を描く」など、クリエイティブな能力を匂わせる

    「本気でモノをつくってる人は性別にかかわらず尊敬できる」(10代男性)など、クリエイティブな能力を持っている女性をリスペクトする男性も少なくないようです。ただし、あまりに拙いとガッカリされるので、「人前に出せるレベル」であることは必要かもしれません。

  • 【9】「おにぎりを肉で巻いて食べる」など、珍しい習慣を持つ地方の出身である

    「とりあえず地元トークを一回してみたい」(20代男性)など、出身地方の珍しい習慣や方言は、多くの男性が関心を寄せる話題のようです。会話のきっかけとしてもいい意味で「無難」なので、何か一つはネタとして持っておきたいところです。

第一印象を左右する自己紹介の場は、みんなが無難になりがちだからこそ、個性をアピールしやすいチャンスと言えます。少しの勇気を出して、男性に話しかけるきっかけを提供してあげてみてはいかがでしょうか。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年1月14日(火)から21日(火)まで
対象:合計172名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock