遠距離恋愛中だからこそ聞きたい「愛の言葉」あるある7パターン


会いたくても会えない寂しさも、愛情あふれる彼の一言が乗り越えられる自信をつけてくれるものです。今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「遠距離恋愛中だからこそ聞きたい『愛の言葉』あるある」を紹介します。

  • 【1】毎日電話でささやいてくれる「愛しているよ」

    贅沢な日課に、毎日がバラ色です。

  • 【2】心底心配してくれているのが分かる「お前が元気かどうか、気が気じゃないよ」

    体調を気遣う様子に家族のような愛情の深さを感じます。

  • 【3】かけがえのない存在だと思ってくれている「やっぱりお前が必要なんだ」

    そばにいなくてもオンリーワンの存在なら、長い遠距離恋愛も安心できそうです。

  • 【4】会えない不安が伝わる「毎日心配で夜も眠れないよ…」

    「信じていいからね」など彼の不安を取り除く一言をかけたい気持ちになります。

  • 【5】一緒にいたい気持ちが痛いほど分かる「会えないことがこんなに辛いとは思わなかった」

    遠距離恋愛だからこその気づきに「もう離れたくない」という気持ちが強まるでしょう。

  • 【6】期待に応えられるよう前向きになれる「お前のこと友達に自慢しちゃったよ」

    自分のいないところでも褒めてくれることで、もっと自分磨きへの努力ができそうです。

  • 【7】絆の強さを再確認する「俺たちは何があっても大丈夫!」

    「遠距離恋愛を乗り越える」と同じ志を持つことで彼と一体感を感じます。

心からの愛情表現で「遠距離」というハードルも乗り越えられそうです。「○○のおかげで寂しくないよ」など心の支えになっていることを伝えれば、彼も安心するでしょう。
Photo:All images by iStock