「結婚を焦って失敗した!」と後悔しているイタい思い出9パターン


歳を重ねるごとに、結婚に対するプレッシャーは大きくなるもの。しかし、ムダに焦って行動しても、「イタいことしちゃった…」と後悔することになりかねません。そこで今回は、10代から20代の独身女性286名に聞いたアンケートを参考に「『結婚を焦って失敗した!』と後悔しているイタい思い出」を紹介します。

  • 【1】合コンやお見合いを繰り返し、「婚活疲れ」をしてやつれた

    「疲れてドタキャン、自己嫌悪です」(20代女性)というように、予定を入れすぎて体調を崩してしまった経験のある女性は多いようです。とはいえ、合コンやお見合いが有意義な出会いの場なのは事実なので、無理しない程度に参加するのがよいでしょう。

  • 【2】服やコスメにお金を使いすぎて、貯金を使い果たした

    「毎週末のデートのために、財布がスッカラカン」(20代女性)というように、オシャレのための出費がかさんでしまったパターンです。自分を美しく見せるための投資は必要ですが、家計簿をまめにつけて赤字だけは回避したいものです。

  • 【3】「条件がよければ誰でもいい」と付き合ったら、すぐに別れることになった

    「がんばってみたものの、デートを約束しても気が乗らず、熱まで出る始末」(20代女性)というように、条件だけで話を進めると、体が拒否反応を示すこともあるようです。どんなに焦燥感に駆られても、自分の本心は見失わないようにしましょう。

  • 【4】誘いを断らないようにしたら、複数の人からしつこくされて困った

    「まずはデートから…と思っただけなのに、その後の対応が大変」(20代女性)など、恋愛エンジン全開にした結果、どうでもいい男性を勘違いさせてしまった人もいます。言い寄ってくる男性全員にいい顔をするのはやめましょう。

  • 【5】結婚を意識しすぎて、彼氏の両親とムダに仲良くなってしまった

    「別れたあとも、彼ママとLINEがつながってて微妙」(20代女性)というように、結婚に向けて相手の身内に近づいたことが、裏目に出たケースです。とりあえず、彼氏の両親とSNSでつながるのは避けたほうが無難かもしれません。

  • 【6】彼氏に結婚をアピールしすぎて、「重い」とフラれた

    「年下の彼氏に自分の想いを押し付けて、結局だめになった」(20代女性)というように、強すぎる結婚願望は、心の準備のできていない相手をドン引きさせてしまうことがあるようです。相手の状況を考えずに「私、待ってて大丈夫?」などとしつこく迫るのは控えましょう。

  • 【7】「これを逃したらあとがない」と思い、ダメ男とズルズル交際してしまった

    「冷静になっていたら、もっと早く別れてたのに!」(20代女性)など、時間を無駄にした自分を悔いている女性も多いようです。「将来が不安だから」という理由だけで判断をすると、人生を遠回りしてしまうおそれがあるでしょう。

  • 【8】付き合ってすぐに婚約したら、相手が「バツイチ子持ち」だと発覚した

    「嘘をつかれていたなんて!!」(20代女性)というように、急ぎすぎると相手選びを間違えてしまうこともあるようです。「結婚はゴールではなく単なるスタートだ」と認識すれば、失敗が少なくなるかもしれません。

  • 【9】嫁扱いされたくて、入籍もしていないのに彼氏の名字を勝手に名乗った

    「画数もよくなると先走ったら、彼氏がドン引き。結局破局しました…」(20代女性)というように、せっかちな行動で自爆するケースです。たとえプロポーズされていても、家財道具を持って相手の家に押しかけるなど、配慮に欠ける行動をすると幸せが逃げてしまうかもしれません。

焦燥感にかられて打算的になったり、相手への配慮が欠けたりすると、失敗につながってしまうようです。一生愛を育む相手は、焦らずじっくりと選ぶとよいでしょう。(山田うみ)


【調査概要】
期間:2013年12月3日(火)から10日(火)まで
対象:合計286名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock