入社時に「この子、ちょっといいかも」と同期の女性社員にトキメク瞬間9パターン


初めての環境でともに苦労しながら仕事に取り組む同期の女性は、男性にとって職場で最も身近な存在です。そのため、思わぬきっかけで恋が生まれることもあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者の意見を参考に「入社時に『この子、ちょっといいかも』と同期の女性社員にトキメク瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】同期社員や先輩の区別なく、誰とでも同じように笑顔で接しているのを見たとき

    「やっぱり笑顔が一番!」(20代男性)のように、いつも笑みを絶やさない女性は、それだけで多くの男性にいい印象を持ってもらえるようです。気になる人に対しては、他の人以上にひときわ明るい笑顔を見せれば、より好感度がアップするでしょう。

  • 【2】とにかく元気よく挨拶をしてくれたとき

    「疲れていると、特に嬉しい」(20代男性)のように、同期の女性の元気な挨拶に「励まされる」と感じて気分の上がる男性は多いようです。「おはよう!」と声をかけるついでに、肩を軽くポンと叩くなど、ボディタッチを織り交ぜてみてもいいでしょう。

  • 【3】多くの人が嫌がる仕事に対しても、率先して取り組んでいるのを見たとき

    「素直にスゴイ」(20代男性)と、どんな仕事でも拒否反応を示さず頑張る姿勢は、同期の男性に尊敬の念すら感じさせるようです。しかしときには「ちょっとだけ手伝って」などと助けを求めたほうが、男性は「頼られた」と感じて喜んでくれるかもしれません。

  • 【4】自分が失敗をして怒られた直後に励ましてくれたとき

    「落ち込んでいるときに優しくされるとイチコロ」(20代男性)など、上司や先輩から怒られた直後のフォローに、女性の優しさを感じてグッとくる男性は多いようです。言葉で励ますだけでなく、そっとコーヒーやお菓子などを差し出しても、効果が期待できそうです。

  • 【5】「何かあったら相談するね!」など、自分を頼りにしてくれていると伝えられたとき

    「頼られて嫌な気はしない」(20代男性)のように、女性から困ったときの相談相手に指名されると、多くの男性は「男として認められた」とテンションが上がるようです。相談だけでなく、愚痴をこぼすなど弱い一面を見せてもいいでしょう。

  • 【6】制服やスーツ姿とはまったく違う、女性らしさあふれる私服姿を見たとき

    「いつもと違う一面にドキッとする」(10代男性)と、職場ではあまり見られない私服姿に、女性らしさを感じてときめく男性もいます。仕事中はパンツスーツが多い人は私服をワンピースにするなど、職場での服装との「ギャップ」を意識してはどうでしょうか。

  • 【7】「私が一番出世する」など、強い向上心をアピールされたとき

    「向上心がある女性はカッコいい!」(10代男性)など、仕事に貪欲で上を目指そうとする女性は、同期の男性から見ても魅力的な存在のようです。「刺激しあいながら頑張ろう」など、相手をよきライバルとして認める言葉をかけてみるのもいいでしょう。

  • 【8】同期同士の飲み会で、オーダーや空いた器の片づけなどを積極的にしてくれたとき

    「気が利く女性は最高!」(20代男性)と、飲み会の席で甲斐甲斐しく動き回る同期の女性は、男性に家庭的な印象を与え、人気が高いようです。ただ、やりすぎると雑用係扱いされかねないので、ときには「手伝って」と男性をうまく動かすことも必要かもしれません。

  • 【9】簡単な仕事もなかなか覚えられないなど、ドンクサい様子を見たとき

    「思わず助けたくなる」(20代男性)のように、仕事を覚えるのに手間取っている女性に対し、男性は「守りたい」気持ちになるようです。ただ、わざと手を抜いて助けを求めるのは逆効果なので、必死に頑張っている姿勢を見せることを心がけましょう。

同期入社の男性は、立場が近いゆえに恋に発展しやすい相手とも言えます。多くの男性は、仕事に対して一生懸命な女性に好意を抱きやすいようです。まずは目の前のことに真剣に取り組んではいかがでしょうか。(鼠入昌史/Office Ti+)
Photo:All images by iStock