たとえ思いがこもっていても、男性をドン引きさせてしまう誕生日プレゼント9パターン


せっかくもらった贈り物を素直に喜べないことがあるのは男性も同じ。良かれと思って贈ったプレゼントが、相手の苦笑いを誘うこともあるかもしれません。そこで今回は『スゴレン』の男性読者の声を参考に、「たとえ思いがこもっていても、男性をドン引きさせてしまう誕生日プレゼント」をご紹介いたします。

  • 【1】財布から取りだされた「お金」

    「ヒモじゃないんだから…」(20代男性)というように、誕生日に現金を手渡されてドン引きした経験を持つ男性もいるようです。お金を渡す人はごく少数かもしれませんが、男性は、女の子が「自分のために選んでくれた」というありがたみを感じられず、複雑な気持ちになるかもしれません。

  • 【2】かなりリアルに作られた「ぬいぐるみ」

    「部屋に一応置いているけど、生きているみたいで不気味」(10代男性)というように、相手を思い選んだキャラクター人形でも、もらい手は薄気味悪いと感じることもあるようです。もし、ぬいぐるみなどをあげるとしたら、男性の好きなキャラクターのものにするのが無難でしょう。

  • 【3】スピリチュアルな雰囲気満点な「仏像」

    「幸運に導いてくれるそうですが…」(20代男性)というように、運勢をよくするために贈ったプレゼントが、男性の不信感をあおってしまうことも。同様に幸運の指輪やパワーストーンなどを渡すのも、興味がない男性には「怪しい」と思われるのがオチです。

  • 【4】男性がいつも服用している「市販薬」

    「誕生日プレゼントじゃなきゃありがたいけど」(20代男性)というように、男性の体を気遣って薬を贈っても、特別な日のギフトとしては喜ばれにくいようです。ただし、同じ健康への気遣いでも薬を飲むときに使うコップなど、カタチとして残るものなら歓迎されるかもしれません。

  • 【5】付き合っていない女の子からの「手編みのセーター」

    「彼女からでも重いのに、それ以外の人からならなおさら」(20代男性)というように、手作りのプレゼントは扱いづらく、気持ち的にも重いという男性も。ただし、「自分のために頑張ってくれて嬉しい!」(10代男性)という声もあるので、着手する前に手作りのプレゼントに抵抗がないか探りを入れると良さそうです。

  • 【6】お酒が好きな男性への「缶ビール」

    「お歳暮なら喜ぶところですが」(20代男性)というように、誕生日にビールなどの毎日の晩酌用のお酒をもらい、複雑な気持ちになったという男性もいます。同じお酒でも、特別な日に飲むような種類ものなら喜んでもらえるかもしれません。

  • 【7】乙女趣味が全開の「ペアウォッチ」

    「自分で選んだものでないと使いにくい」(30代男性)というように、腕時計などの身につけるものは、自分の趣味と合わないものは使いづらいというのが男性の本音のようです。どうしてもペアウォッチを贈りたいのであれば、男性と一緒に選んだほうがいいでしょう。

  • 【8】お付き合いをはじめてすぐの「合鍵」

    「これまでどういう付き合いをしてきたの…?」(20代男性)というように、誕生日のプレゼントとして合鍵をもらい引いてしまったという男性も。軽い女性という誤解を生みかねないので、彼のリクエストを聞くなどして別のモノを贈ったほうがよさそうです。

  • 【9】二人の思い出にもとづいた「ポエム付きのアルバム」

    「別れたらストーカーになりそうで怖い」(10代男性)というように、深すぎる想いをつづった詩に、後ずさりしてしまう男性が多いようです。ただし、男性もポエム好きなら、最高のプレゼントとして歓迎されるかもしれません。

自分が「いい!」と勝手に思いこんで贈ったものが、男性にドン引きされてしまうというケースが多いようです。何を贈ったら喜ぶのか、相手が求めるものをイメージするのはもちろん、何がほしいのかを事前にリサーチすることも大切と言えそうです。男性を心から喜ばせるプレゼントは、あなたの予想外のモノなのかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock