自分をかわいいと思ってるな…男性が興ざめする勘違い行動9パターン


自分のことが好きなのはいいことですが、それがあまりにも露骨だと「コイツ、自分のことかわいいと思ってる!!」と後ろ指をさされることもあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性から『コイツ、自分のことかわいいと思ってるな』と思われてしまう行動」をご紹介します。

  • 【1】頻繁に鏡をチェックする

    「鏡だけじゃなく街でガラスに映った自分の姿も見てる!」(20代男性)など、マメに自分の姿をチェックして髪やメイクを整えると、ナルシストの気があると思われても仕方がないかもしれません。特に、キメ顔で鏡を覗きこむのはやめたほうがいいでしょう。

  • 【2】facebookやTwitterによく自分撮りの写真をアップする

    「タレントみたいに自分撮りの写真が多いfacebookやTwitterには苦笑」(20代男性)など、どこに出かけても自分入りの写真をアップしていると「自分好きだねー」と呆れられてしまうかもしれません。たまには風景だけの写真をアップするなどバランスを考えましょう。

  • 【3】「全然モテない」など褒め言葉待ちの発言をする

    「本当にモテない子はそういうこと言わないでしょ」(20代男性)など、「そんなことないよ」とまわりが言うのを期待するような謙遜は、かえって逆効果かもしれません。「太ってる」「かわいくない」などの発言も同じなので、気をつけましょう。

  • 【4】雑誌でモデルが着ていた服を選んで着る

    「相当自分に自信がないとモデルと同じ服は着れないよ」(20代男性)など、おしゃれに敏感であることが鼻につくケースもあるようです。特に、自分から「モデルの○○と同じ服!」とアピールするのは控えたほうがいいでしょう。

  • 【5】「かわいい」と言われたときに否定しない

    「普通は否定するでしょう。『ありがと』なんて言われると内心引いちゃうかも」(20代男性)など、褒め言葉を素直に受け入れることが良しとされない場合もあるようです。全力で否定する必要はありませんが、「そんなことないよ」程度の返しをしたほうが無難でしょう。

  • 【6】写真を撮られるときの顔がいつも同じ角度である

    「自分の『かわいい顔』がわかってる証拠だよね」(20代男性)など、写真で見せる顔がいつも同じだと、「コレがあなたのベスト顔ね」と苦笑いされても仕方がないかもしれません。「右から撮って!」などとこだわりを見せると、引かれてしまう恐れもありそうです。

  • 【7】大人になっても自分のことを名前で呼ぶ

    「子どもっぽい振る舞いでかわいこぶられると癪に障る」(30代男性)など、いい大人が若い子のような態度をとると、ムカッとされても仕方がないかもしれません。バカっぽく見えてしまうデメリットもあるので、これを機に一人称を「私」に改めてはいかがでしょうか。

  • 【8】変顔でプリクラを撮るのを嫌がる

    「盛り上がってるときに『おすまし顔』で通されると、空気読めよと思っちゃう」(20代男性)など、変顔をかたくなに拒むと「そんなにかわいいと思われたいのか!?」と非難されそうです。笑える顔で写ったほうが好印象なので、プリクラの一瞬くらい覚悟を決めましょう。

  • 【9】自分が似ている有名人に人気アイドルの名前を挙げる

    「本当に似ててもどうかと思う。恥ずかしくないのかな?」(20代男性)など、似ている有名人としてアイドルや美人女優の名前を出すと、それが本当でも「自信過剰」のレッテルを貼られてしまうようです。同時に似ている男性芸人の名前なども挙げると相殺されるのではないでしょうか。

ほかにも「こんな行動で『自分のことかわいいと思ってるな』と思われてしまう」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock