「彼氏がいてよかった!」と心底感じる瞬間9パターン


「もう恋人なんていらない」と心を閉ざしてしまったら、素敵な恋が目の前を通りかかっても気づかなくなってしまうもの。恋愛のモチベーションを失わないために、恋人がいるときの幸せを振り返ってみてはいかがでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見を参考に、「『彼氏がいてよかった!』と心底感じる瞬間」を集めてみました。

  • 【1】クリスマスなどのカップルならではのイベントのとき

    「彼氏がいればさみしい思いをしないですむ」(10代女性)というように、街中にカップルがあふれる時期に、孤独な気持ちにならないので嬉しいという女性は少なくないようです。イベントのために彼氏をつくるのは本末転倒ですが、恋人がいると1年間をより楽しくすごせるのは間違いないでしょう。

  • 【2】休日にデートを思いっきり楽しんでいるとき

    「『私の人生、充実しているな』って感じます」(20代女性)というように、彼氏と一緒に旅行やレジャーにいそしむなど休日を目一杯満喫している女性もいます。遊びや趣味のバリエーションが広がるのも、恋人がいることの喜びの一つと言えそうです。

  • 【3】ほしくて仕方がなかったものを買ってもらったとき

    「自分では買えないものをプレゼントしてもらえる」(20代女性)というように、手が出なかった高価なものを、恋人に贈ってもらえて嬉しかったという女性もいます。もらうだけでなく、彼氏の喜ぶ顔を思い浮かべながらあれこれプレゼントを選ぶ楽しみがあるのも恋人の特権と言えるかもしれません。

  • 【4】「ずっと二人でいよう」と誓い合ったとき

    「一人じゃない幸せを感じています!」(20代女性)というように、恋人がいつもそばにいてくれると約束してくれたときに、この上ない幸せを感じたと語る女性も。大切な人がずっと一緒にいてくれれば、どんな困難にも挫けず乗り越えていく勇気が湧いてきそうです。

  • 【5】体調を崩した自分を看病してくれたとき

    「弱っているとき、彼氏の優しさが身にしみた」(20代女性)というように、体調不良で苦しんでいるときに恋人に面倒を見てもらい、心から感謝したという女性もいます。体も心も弱っているときこそ、ひとりじゃない心強さを実感できるかもしれません。

  • 【6】重いモノを運ぶなど、一人ではできないことを手伝ってもらったとき

    「地味だけどありがたい。やっぱ男手は必要」(20代女性)というように、引っ越しなどで力作業をするときなどに、彼氏の存在のありがたさを感じる女性も。相手の男性が苦手とする仕事を請け負えば、理想的なパートナーシップが生まれるでしょう。

  • 【7】なかなか会えない日が続き、ようやく会えたとき

    「我慢していた分、うれしい」(20代女性)というように、いつも一緒にいたいのに、二人でいられる時間が限られているからこそ、再会の喜びがあると語る女性もいます。「会いたいのに会えない」など、何かしらの障害に立ち向かうなかで、二人の愛情はより深まりそうです。

  • 【8】間違ったことをした自分を叱ってくれたとき

    「私を思ってのことだから、愛を感じる」(20代女性)というように、彼氏からの叱咤激励に本物の愛情を感じ、人格形成にも好影響を与えていると語る女性も。自分を人として成長させる機会をたくさんくれるのもやはり恋人なのでしょう。

  • 【9】仕事で悩んでいる自分を、何も言わずやさしく抱きしめてくれたとき

    「何回彼氏に救われたかわからない」(20代女性)というように、苦しい気持ちを察して支えてくれる恋人の存在に、心底感謝している女性もいます。相手から優しくされるだけでなく、普段からお互いの思いに耳を傾け心からいたわり合っていれば、末永くラブラブでいられるのではないでしょうか。

一人ではないことの幸せや、二人だからできることを成し遂げる喜びをカップルのみなさんは感じているようです。意中の男性と、お互いの想いを語り合い、またしっかり受け止めることで、家族や友人とは違う、特別な関係を築くことができるのではないでしょうか。運命の人は意外と身近にいるかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock