遠距離恋愛の前に決めておいたほうが良いことあるある7パターン


進学や転勤などで離れ離れになる彼氏との仲を長続きさせるために、どのようなことを決めておくとよいのでしょうか。今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「遠距離恋愛を成功させるためのルール」を紹介します。

  • 【1】移動にかかる交通費の分担について

    金銭面の負担で遠距離恋愛に終止符が打たれないよう、きっちり決めておくことです。

  • 【2】会う場所の候補や頻度について

    離れてしまう前に地図やカレンダーを広げて大まかな計画を立てると良いでしょう。

  • 【3】コミュニケーションの時間帯や頻度について

    「スカイプかメールか」など、お互いの生活リズムに合わせて連絡手段を決めておくと良さそうです。

  • 【4】連絡ができないときの事前報告について

    遠距離恋愛では返事が来ないと不安になるものです。「連絡できないときは前もって知らせておく」など、もしものときも視野に入れておきましょう。

  • 【5】不満がたまったときの解決策について

    直接話せないことで気持ちの行き違いが生じるかもしれません。「ささいなことでもすぐ相談する」などストレス解消法を共有すると良いでしょう。

  • 【6】ケンカになったときの約束事について

    距離が離れていると、ケンカも長引く可能性があります。「次の日まで引きずらない」などのルールで大ゲンカに発展するのを避けましょう。

  • 【7】将来におけるゴール設定について

    先が見えないと不安が増すので、「3年後には結婚する」など、将来を約束しておくことが何より励みになりそうです。

2人で決めた習慣をこなせば、離れていても一体感を得られそうです。会えるうちに一緒に計画するのも、絆を深めるきっかけになるでしょう。
Photo:All images by iStock