「遠距離でも二人は大丈夫」と思える彼氏の言葉あるある7パターン


大好きな彼と離れ離れになるとわかったとき、どんな言葉をかけられたら安心するのでしょうか。今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「『遠距離恋愛でも二人は大丈夫』と勇気が湧く彼氏の言葉」を紹介します。

  • 【1】定期的に会えるのがわかる「休みの日は必ず会いにいくよ」

    会えることが明確に決まっていれば、励みにもなります。

  • 【2】連絡を欠かさないことを約束する「ちゃんと毎日、連絡するからね」

    遠距離になる前よりマメなやりとりが期待できそうです。

  • 【3】距離を感じさせない「距離は離れていても、心はつながっているから」

    空がつながっているように、心もつながっています。

  • 【4】気持ちが変わらないことを告げる「俺はお前だけだから、安心しろ」

    男らしいはっきりとした態度に、心強くなるでしょう。

  • 【5】無理をさせないよう気遣う「寂しくなったら、我慢しないで言って」

    頼りがいのある優しい一言に、遠慮なく本音が出せそうです。

  • 【6】付き合っていることを再認識させる「俺以外の男に、絶対浮気するなよ!」

    「お前は俺のものだ」と彼の愛情を再確認できたことに、改めてラブラブな気持ちが芽生えるでしょう。

  • 【7】将来を真剣に見据えた「迎えにくるから、待っていてほしい」

    結婚を視野に入れた発言は遠距離恋愛を乗り越える強いパワーとなりそうです。

彼氏が「遠距離をものともしない」と思っていることが伝わると、こちらの不安まで消し飛ぶものです。不安がかき消されたなら、「離れて寂しいけど、私も頑張るね」などお互いの信頼感を高めるような一言を彼に伝えましょう。
Photo:All images by iStock