「彼氏のどこが不満なの? 全然共感できないよ」と呆れられる愚痴9パターン


彼氏との関係に行き詰まったときは、同性の友達に吐き出すだけで気分がすっきりするもの。しかし、相談内容によっては「わかる!」と言ってもらえるどころか、「ただのノロケ?」と反感を買ってしまうおそれもあるようです。そこで今回は、10代から30代の独身女性204名に聞いたアンケートを参考に「『彼氏のどこが不満なの? 全然共感できないよ』と呆れられる愚痴」をご紹介します。

  • 【1】彼氏が心配性で、怪我を気にしてスポーツまで禁じられて辛い

    「『愛されてていいね!』と嫌味が言いたくなる(苦笑)」(20代女性)など、彼氏の過保護さに困っているのだとしても、言葉にすると「優しいだけじゃん」と思われてしまうようです。「中学から続けてきた競技なのに」などと、不本意であることを丁寧に説明すれば、少しはわかってもらえるかもしれません。

  • 【2】彼氏が早く結婚したがるけど、自分はまだ仕事がしたい

    「彼氏がいない私に言う!?」(30代女性)など、「愛か仕事か」という苦渋の選択も、相手の状況次第では自慢に聞こえてしまうかもしれません。世間では「結婚できない悩み」のほうが深刻であると心得ましょう。

  • 【3】彼氏がマメすぎて、電話やメールが頻繁でウザい

    「ノロケとしか思えない」(20代女性)というように、一般的には「連絡がマメなのはいい彼氏」とされているため、その煩わしさを主張しても伝わらないでしょう。「夜の2時でも即レスしないと泣く」など、極端なレベルでなければ、話さないほうが賢明かもしれません。

  • 【4】彼氏がくれたプレゼントが、自分の好みと違う

    「くれるだけいいじゃん」(20代女性)というように、彼氏からの贈り物に難癖ばかりつけていると、「贅沢な女だな」と悪者にされてしまうかもしれません。「誕生日プレゼントが年の数の鉛筆だった」くらいのインパクトがあれば、笑い話として語ってもいいでしょう。

  • 【5】彼氏がお金持ちで、金銭感覚がかけ離れている

    「おかげでいい思いもしてるでしょ?」(20代女性)など、交際相手の経済力はあるに越したことがないと考える女性は多いので、逆に「羨ましい」と思われてしまうようです。ただし、「相手の家がセレブすぎて親に会いにくい」といった深刻な悩みであれば、親身に聞いてもらえるでしょう。

  • 【6】彼氏が真面目すぎて、交際に刺激がない

    「『今の状況に満足しなよ』と言いたい」(20代女性)というように、交際のマンネリ化は「順調な証拠」とも受け取れるため、人によって評価がわかれるようです。せめて自分と同じように、彼氏と長期間交際している女友達を選んで話したほうがいいでしょう。

  • 【7】彼氏が自分を好きすぎて、ボロが出ないよう振る舞うのが大変

    「素を出せばいいだけじゃないの?」(20代女性)というように、彼氏から理想を押し付けられた経験のない相手に愚痴っても、辛さは伝わりにくいかもしれません。「男子校出身で女性に夢を持ちすぎている」など、彼氏の背景を詳しく伝えれば、少しは理解してもらえるでしょう。

  • 【8】彼氏の仕事がフリーランスで、収入が安定しない

    「仕事があるだけマシでは…」(20代女性)というように、収入の安定を望むのは、「リストラされた」「無職」などの状況に比べると小さな悩みだと思われても仕方がないでしょう。「結婚、出産を考えると…」と前置きすれば、少しは共感度が高まるかもしれません。

  • 【9】彼氏が昇進したせいで、休みが減ってしまった

    「不満言ってると彼氏に悪いよ」(20代女性)というように、本来祝うべき「昇進」を嘆いたとしても、すぐに気持ちを理解してもらうのは難しそうです。「休みが合わなくて会えない」などの具体例を出して訴えてはいかがでしょうか。

彼氏がマメである、お金持ちであるなど、本来「いいこと」とされている部分が悩みの原因である場合、なかなか女友達の共感を得られないようです。反感を買いたくなければ、言い方を考えましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計204名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock