「社内恋愛禁止」の職場で、彼氏との関係をうまく隠すためのコツ9パターン


最近減ってきたとはいえ、「社内恋愛禁止」のルールを掲げる職場はまだまだ多いものです。そんな環境で恋人が出来てしまった場合、周囲にバレないためには、どんなことに気をつければよいのでしょうか? そこで今回は、20代から30代の独身女性268名に聞いたアンケートを参考に「『社内恋愛禁止』の職場で、彼氏との関係をうまく隠すためのコツ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】呼び方や話し方を変えず、付き合う前と同じように接する

    「油断すると親密なムードになっちゃうから気をつけてる」(20代女性)など、職場では一人の同僚としてごく普通に接することを心がけている女性は多いようです。彼氏にも同じように接してもらい、「特別」な雰囲気を醸し出さないことが大切でしょう。

  • 【2】終業後にデートする日も一緒に帰ったりせず、離れた駅で待ち合わせる

    「会社の近くで待ち合わせると誰かに見られそう」(20代女性)など、会社帰りのデートでは、待ち合わせ場所に気をつかうという意見も。お互いの家の中間点など、同僚に出くわす可能性の低いエリアで合流した方が安心でしょう。

  • 【3】仕事中に二人きりになる状況はなるべく避ける

    「考え過ぎかもしれないけど、あまり頻繁だと噂になりそう」(20代女性)など、職場で二人きりになるケースが多いと、周囲に感づかれてしまう可能性が高まりそうです。顔を合わせるときは人の多い場所を選んだ方が、余計なリスクを避けられそうです。

  • 【4】日中のプライベートなやり取りはすべて携帯メールで簡潔に済ます

    「本人が目の前にいても、私信は全部メールにする」(20代女性)など、職場ではプライベートな会話は一切せず、代わりに携帯メールを利用する女性が多いようです。退社時間の確認など、用件だけを簡潔に済ませるようにすれば、仕事への悪影響もないでしょう。

  • 【5】プライベートで派手なケンカをしていても、職場ではチームワークを発揮する

    「公私混同は絶対にしちゃダメ」(30代女性)など、プライベートで彼氏とケンカをしていても、職場では普段通りに接するという意見も。イライラした気持ちは態度に出てしまいがちですが、冷静に感情を制御することが必要と言えそうです。

  • 【6】どんなに信用できる同僚がいても、ふたりのことを絶対に言わない

    「自分が秘密にできないなら、いつかはバレる」(20代女性)など、仲良しの同僚にも隠し通す覚悟が必要という意見も。心から信用できる相手でも、お酒の席でつい口が滑って…という可能性もあるため、やはり黙っていたほうが安心でしょう。

  • 【7】彼氏が仕事でミスしても、かばったり即フォローしたりしない

    「助けてあげたくなるけど、特別扱いはダメ」(30代女性)など、彼氏のミスを過剰にかばったりすると、周囲に怪しく思われるようです。あくまでも普通の同僚として、目立たない範囲でフォローしてあげるべきでしょう。

  • 【8】休日にデートをするときも、会社から近い街は避ける

    「会社と同じ沿線の街はなんとなく心配」(20代女性)など、休日のデートでも会社付近のエリアは避けるという意見も。離れた街にドライブへ出かけるなど、思い切って遠くへ行った方がのびのびとデートを楽しめるかもしれません。

  • 【9】恋人について尋ねられたら「地元にいる」など架空の男性をほのめかす

    「『いない』と言うとフリーの男性を紹介されたりして面倒」(20代女性)など、彼氏とは違う男性像を架空の恋人として設定している女性は多いようです。自分から積極的に話すのではなく、聞かれたらほのめかす程度に答えるだけでも充分でしょう。

一口に「社内恋愛禁止」といっても、どこまで厳密に禁止されているかはケースバイケース。あまり神経質になりすぎて恋愛を楽しめなければ本末転倒とも言えそうです。公私混同を避け、仕事に不都合を生じさせないように注意することが肝心でしょう。それさえできれば、大切な人がいつも近くにいる環境は素敵なのではないでしょうか。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで
対象:合計268名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock