フッた元カレの心の傷をさらに広げるヒドい追い打ち9パターン


彼氏に対する愛情が冷めてしまったら、別れを告げるのは仕方ないこと。しかし、フッた元カレをさらに傷つけるような追い打ちをかけるのは、余計な恨みを買わないためにも避けたいところです。そこで今回は、10代から30代の独身男性154名に聞いたアンケートを参考に、「フッた元カレの心の傷をさらに広げるヒドい追い打ち9パターン」をご紹介します。

  • 【1】付き合っている間に贈られたプレゼントをまとめて返却する

    「楽しかった頃の思い出まで全否定された気分…」(20代男性)など、まごころをこめたプレゼントを返却されてショックを受ける男性は多いようです。高価な品だけでなく、直筆の「手紙」なども、突き返してしまうと、傷口に塩を塗る羽目になるでしょう。

  • 【2】共通の知人にあることないことをグチり、元カレの悪評を広める

    「実害が大きいからマジで勘弁してほしい」(20代男性)など、元カレの悪口をあたり構わず言いふらすと、相手の人間関係に悪影響を与えてしまうでしょう。当然ながら、自分の評判にも傷をつけることになるので、できる限り避けたほうがいいかもしれません。

  • 【3】別れてから「元カレの親友」と付き合いはじめる

    「彼女と親友をまとめて失って人間不信に陥った」(20代男性)など、いくらフリーになったとはいえ、次の交際相手に「元カレの親友」を選ぶのは、ひどい仕打ちだと思われてしまいそうです。本気でその人を好きならともかく、あてつけがましい行為はやめておきましょう。

  • 【4】ケータイの電話番号とメアドを変え、二度と連絡がつかないようにする

    「そこまでして俺との縁を切りたいのか…」(20代男性)など、真意はさておき、連絡手段を断つことで、元カレにダメ押しのショックを与えるケースもあるようです。未練がましい男性との縁を断ち切るには有効な手ですが、別の理由で変更する場合にはフォローが必要でしょう。

  • 【5】別れたあとに「こんなところが嫌いだった」と理由を書いたメールを送る

    「何度も読み返してしまい、そのたびに落ち込む」(20代男性)など、別れの原因となった理由をわざわざ文章にして送ることで、相手を何度も傷つけてしまう場合があります。別れたあとに責めるぐらいなら、せめて付き合っている間に言うべきでしょう。

  • 【6】「あなたにはこの娘のほうが似合うよ」と別の女性を紹介する

    「意図がわからなくて混乱する」(20代男性)というように、わざわざ「代わりの女性」をあてがおうとすると、元カレに理解不能だと思われてしまうようです。たとえ善意の行動だとしても、ほとぼりが冷めるまでそっとしておきましょう。

  • 【7】元カレの心情を無視して「普通の友達としてご飯行こうよ」などと誘う

    「こっちはまだ好きなんだよ!」(20代男性)というように、すっぱり割り切った態度で接するのも、気持ちを引きずっている元カレを苦しませてしまうようです。お互いに気持ちに整理がつくまでは距離を置くのが正解でしょう。

  • 【8】元カレからの電話を、「もう二度と関わりたくない」とガチャ切りする

    「忘れ物があったから連絡しただけなのに…」(20代男性)など、過剰なまでの拒絶のセリフは、元カレに予想外のダメージを与えてしまうようです。別れた直後は、事務的な連絡があることも少なくありません。せめて用件くらいは聞いてあげましょう。

  • 【9】別れてすぐにほかの男性と結婚し、披露宴に友人として招待する

    「男として負けた気分にさせられる」(30代男性)など、自分の結婚式に元カレを招待するのは、客観的に見て「嫌がらせ」といえそうです。別れたあとに友人として関係を修復できた場合を除き、喜んで参加する男性はいないでしょう。

不幸にして別れることになったとしても、一時は愛しあった相手であれば、必要以上に傷つけても良いことはありません。終わった恋をキレイな思い出にするためにも、「追い打ちをかける」のはやめておきましょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年10月13日(日)から20日(日)まで
対象:合計154名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock