ナルシスト過ぎて寒気がした男性のセリフあるある7つ


たとえどんなにイケメンでも、自分に酔っているとしか思えない男性にはドン引きするものです。今回は恋愛経験豊富な20代、30代女性のみなさんに聞いた「ナルシスト過ぎて寒気がした男性のセリフ」を紹介します。

  • 【1】「鏡見るの好きなんだよねー」

    だったら自宅の鏡をずっと見たまま、外に出ないでほしいものです。

  • 【2】「俺に何が足りないと思う? なくね?」

    「頭が足りないんじゃない?」と思っても、ケンカになるのでガマンしましょう。

  • 【3】(テレビの中のアイドルを見て)「オレのほうがカッコよくない?」

    それを口に出してしまうところがカッコ悪いです。

  • 【4】「俺みたいなヤツってあまりいないよね」

    「度を超したナルシスト」という意味では、確かにあまりいないかもしれません。

  • 【5】「俺は一流の物しか似合わない。なぜなら俺が一流だから」

    誰もが認める一流な人は、わざわざ自分から「一流」とは言わないものです。

  • 【6】「結局みんなが俺を注目してるってわけね」

    「次はどんな痛いことを言うんだろう?」と注目してしまいます。

  • 【7】「俺の骨格いい感じじゃね?」

    外側だけでは飽き足らず、骨にまで賞賛を求められてもリアクションに困ります。

自分に自信があるのはいいことですが、ここにあげた男性は「中身」ではなく「外見」にだけ自信があるので痛いと感じるのでしょう。本当にカッコいい男性とは「中身」がカッコイイ男性だということを理解してほしいものです。
Photo:All images by iStock