「嫌いになったと言われたほうがマシ!」と男性をキレさせる、美しすぎる別れの言葉9パターン


悪者にはなりたくない一心で使ってしまうのが「都合の良い別れの理由」。しかしその本心がバレバレだと、かえって男性を怒らせてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身男性154名に聞いたアンケート結果を参考に「『嫌いになったと言われたほうがマシ!』と男性をキレさせる、美しすぎる別れの言葉9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「友達に戻りたい」という、あまりにも簡単なクーリングオフ

    「こっちはまだ好きなのに、どの面下げて仲良くしろと!?」(10代男性)というように、お試し感覚で交際したものの「やっぱりキャンセルしたい」と伝わってしまうパターンです。いっそはっきり「友達のままのほうが楽しかった」とダメ出しすると、禍根を残さずに済むかもしれません。

  • 【2】「家族みたいな存在になっちゃった」という、便利なたとえ話

    「もはや男としての魅力ゼロってこと?」(20代男性)というように、恋愛感情が愛情に変わったとごまかすパターンです。「お兄ちゃんみたい」「弟にしか思えない」といった類型も、安易な使用は控えましょう。

  • 【3】「元カレが忘れられない」という、今さら遅い本音

    「元カレとよりを戻すわけでもなさそうので、余計にムカついた」(20代男性)というように、以前の恋愛を超えられなかったとほのめかすパターンです。単刀直入に「どこが物足りなかったのか」を説明したほうが納得してもらえるかもしれません。

  • 【4】「親から早く結婚しろって言われて」という、オブラートに包んだ戦力外通告

    「結婚できない状況の彼氏に、わざと言う人もいますね」(20代男性)というように、重い話題をチラつかせて諦めさせるパターンです。予想外に相手が奮起する可能性もあるので、軽々しく「結婚」を理由にしないほうがいいかもしれません。

  • 【5】「あなたも潮時だってわかってるじゃない?」という、卑怯な投げかけ

    「自分も『そうだよね』って同意しないと鈍い男だと思われる」(20代男性)というように、暗黙の了解で別れを既定路線にもっていくパターンです。まわりくどく迫らずに「私の心が離れてるってわからなかったの?」と逆ギレしてしまったほうが相手もすっきりするかもしれません。

  • 【6】「私にはもったいない、もっといい人がいる」という、ずるい逃げ口上

    「じゃあ、むしろ喜べよって思う」(30代男性)というように、遠慮するフリをして辞退するパターンです。「俺がお前を選んだんだから、自信持てよ」などと励まされてもややこしいので、本当に別れたければ無駄な謙遜はやめましょう。

  • 【7】「互いの目標のため」という、問題のすり替え

    「付き合ったままだと、何が問題なのかさっぱりわからない」(20代男性)というように、「発展的解消」を匂わせるだけで、ひたすらお茶を濁すパターンです。相手に執着されないためには、正直に「将来一緒にいるイメージがもてない」と告げたほうが建設的かもしれません。

  • 【8】「なんかいろいろ変わっちゃったよね」という、意味不明な理由付け

    「変わったのはお前の気持ちだろと言いたい」(20代男性)というように、本人にしかわからない印象を語り相手を煙に巻くパターンです。「就職で環境が変わったから」などと具体的に変わった点を説明できるよう、言い訳を用意しておきましょう。

  • 【9】「もうときめかなくなっちゃった」という、身勝手な言いぐさ

    「こちらとしては挽回のしようがないので無力感でいっぱいになる」(20代男性)というように、恋愛感情が抱けなくなったと突きつけるパターンです。いっそのこと「いつもデートがワンパターン」「身なりがだらしなくなった」など相手の非を責めたほうが円満にお別れできるかもしれません。

そもそも別れ話を切り出すことじたい身勝手なもの。自分が悪者になるのは仕方ないと腹をくくって、別れ話に臨んだほうがお互いのためにもよいのかもしれません。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2013年10月13日(日)から20日(日)まで
対象:合計154名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock