うわ、結婚焦ってるなぁ…新しい彼氏にドン引きされる行動9パターン


交際をはじめると、結婚を意識する女性は多いもの。しかし、度が過ぎると男性にプレッシャーを与えることにもなりかねません。そこで今回は、10代から30代の独身男性238名に聞いたアンケートを参考に「付き合いたての彼氏に『うわ、彼女もしかして結婚焦ってるのかも?』とドン引きされる行動」をご紹介します。

  • 【1】子どもを見るたびに「早くほしいね」と言う

    「正直そこまで考えてなかったから、反応に困ってしまった」(20代男性)など、二人の将来を連想させる「子ども」に関する発言には、気をつけたほうがよさそうです。いくら子ども好きでも、「かわいい!」程度のコメントにとどめたほうがいいかもしれません。

  • 【2】やたらと一緒に暮らしたがる

    「付き合いたての頃に言われると、展開が速すぎて引くかも」(20代男性)など、あまりお互いのことを知らない段階で同棲の話題を持ちだすと、彼氏を当惑させてしまいそうです。「もっと長く一緒にいたいな」程度の発言なら、逆に「かわいいな」と思われるのではないでしょうか。

  • 【3】これ見よがしに結婚情報誌を読む

    「それって、暗に結婚を迫ってるようなもんでしょ」(20代男性)など、結婚情報誌はストレートに結婚を連想させるため、焦っていると思われても仕方がないかもしれません。どうしても読みたい場合は、彼氏に見つからないようこっそり読み、密かに想像して楽しみましょう。

  • 【4】すぐに親に会わせようとする

    「正直ギョッとした。勝手に話を進めないで!」(20代男性)など、交際中の相手の親に会うと、「公認の仲である」という認識になるため、人によっては「まだ早い」と思われるかもしれません。自分の恋愛を常にオープンにしている人も、一度彼氏の身になって考え、ある程度交際が落ち着いてから切り出してはいかがでしょうか。

  • 【5】料理教室に通うなど「花嫁修業」をしはじめる

    「主婦になる準備をしているのかと思ってしまう」(20代男性)と勘ぐる彼氏もいるため、料理教室に通う際は慎重になる必要がありそうです。ただし、「バレンタインに手作りケーキを作ってあげたい」など、目的を明らかにすれば問題ないでしょう。

  • 【6】年収や家族の話を聞きたがる

    「結婚を考えて、いろいろ調査されてる気分」(20代男性)など、彼氏の詳しい素性を聞くのは、交際初期では控えたほうがいいでしょう。特に、年収や家族についてはデリケートな話題でもあるため、彼氏が自分から明かすまで待つのが賢明かもしれません。

  • 【7】羨ましそうに友達の結婚式の話をする

    「『私はまだなの?』と責められてる気がする…」(30代男性)など、友達の結婚式の話を熱心にすると、彼氏を居心地の悪い気持ちにさせてしまうかもしれません。単なる報告のつもりでも、邪推される可能性があるので、意識して「話し足りない」くらいでストップするようにしましょう。

  • 【8】部屋の掃除をするなど家庭的な面をアピールする

    「『結婚向きな女』とアピールされてるみたいで、ちょっと警戒するかも」(20代男性)など、良かれと思ってしたことが、彼氏には素直に喜んでもらえないこともあるようです。ただし、「ご飯をおごってくれたお礼に掃除」などの名目があれば誤解を受ける心配もないでしょう。

  • 【9】自分の年齢を気にする発言が多い

    「『もう若くない』的な発言は一番ドキッとする(苦笑)」(20代男性)など、多くの女性は年齢を理由に結婚を焦るため、年齢に関する発言が彼氏を緊張させている可能性があります。謙遜しているつもりでも、真意が伝わりづらいため、「年齢の話はご法度」と思ったほうがいいかもしれません。

子どもや家事など家庭生活を連想させることや、同棲や親に会わせるなど結婚への足がかりになりそうな行動は、無意識でも男性にプレッシャーを与えてしまうようです。特に交際初期は、プレッシャーを与えても何もいいことはないので、意識して避けるようにしましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2013年9月16日(月)から9月23日(月)まで
対象:合計238名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock