奥手な男性が「告白」に近い気持ちで送っているメール9パターン


奥手な男性の愛情表現は分かりにくいもの。何気なく目を通しただけのメールに、熱い想いが込められているかもしれません。そこで今回は、スゴレンの男性読者のみなさんに、「奥手な男性が、『好き』と告白するくらいのつもりで送っているメール」には、どんなものがあるか教えていただきました。

  • 【1】「いま好きな人、いるの?」という質問メール

    「自分もそう質問されたい」(10代男性)のように、「好きな人、いるの?」と自分が聞かれたいので、自分から質問するという男性もいます。質問に答えて終わりにせずに、「○○君はどうなの?」と男性にも同じ質問をしてあげるといいでしょう。

  • 【2】「もっと一緒にいられたらいいのに」という願いを込めたメール

    「付き合えたらいいなってことなんだけど」(10代男性)のように、ハッキリ付き合ってほしいと言えずに、まわりくどい伝え方をする男性もいるようです。「そうだね、もっと一緒にいられたらいいね」など共感する返事をすれば告白されやすくなるかもしれません。

  • 【3】「○○ちゃんと話していると楽しい」など楽しさをアピールするメール

    「ずっと話していたいという気持ちを込めて」(10代男性)のように、「楽しい」という言葉で好意を伝える男性もいます。「私も○○君と話していると楽しいよ」など、同じ気持ちであることを伝えてあげれば、より仲良くなれるでしょう。

  • 【4】「夜更かしして、体は大丈夫?」など体を気遣うメール

    「やさしいところを見せて、好きになってもらいたい」(10代男性)のように、女性の体調を気遣うことで気を引こうとする男性もいます。「○○君はやさしいなあ」など、期待に沿う返信をすれば、男性のテンションを上げることができそうです。

  • 【5】「○○ちゃんはかわいいね」など褒めるメール

    「『かわいい』と褒めるだけでも勇気がいるんだよ」(10代男性)のように、勇気を振り絞って女性を褒める男性もいるようです。シャイな男性が褒めてくれたときには、めいっぱいの「ありがとう!」で返してあげましょう。

  • 【6】「実は○○ちゃんが夢に出てきた」など、夢に登場したというメール

    「夢に出てくるほど想っているってこと」(20代男性)のように、想いが強すぎて夢に出てきたことをメールする男性もいるようです。「どんな場面で?」などと聞いて話を引き出せば、本心を打ち明けてくれるかもしれません。

  • 【7】「特に用事はないけど、気になったから」など、きっかけを作ろうとするメール

    「好きだからとにかく連絡をとりたい」(10代男性)のように、「気になったから」という理由だけでメールをする男性もいます。「私のこと思い出してくれたんだ」など、男心をくすぐる返信で答えてあげれば、その後のやりとりも盛り上がるでしょう。

  • 【8】「仕事頑張ってるね」など、いつも気にしていることをアピールするメール

    「『いつも見てます』ってこと」(20代男性)のように、いつも気にしていることをアピールする男性もいます。「私のこと見ててくれたんだ」など男性の気持ちに踏み込むメールを送れば、告白してもらえるかもしれません。

  • 【9】「○○ちゃんが彼女だったらなー」などさらっと願望を込めたメール

    「さらっと送れば、ダメでもダメージが少ないので…」(20代男性)のように、振られるのが怖くて、わざと軽く告白っぽいメールを送る男性もいます。「私も○○君が彼氏だったらなあ」と返信するなど、告白しやすい雰囲気を作ってあげるといいでしょう。

「奥手な男性が、『好き』と告白するくらいのつもりで送っているメール」には、他にどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock