男性がデート中に「今、彼女の本性が見えた」と幻滅した瞬間9パターン


デート中は、自分の良い所をアピールしたいのが乙女心というもの。しかし、自分では無意識に行っていた何気ない言動が、男性にマイナスな印象を与えてしまうケースも多いようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「男性がデート中に『今、彼女の本性が見えた』と幻滅した瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】食事をごちそうしたのに、お礼の言葉がなかったとき

    「奢られて当たり前と思ってそう」(20代男性)など、食事に限らずデート代を奢ってもらったことへの感謝を伝え忘れると、男性は幻滅するようです。どんな相手やシチュエーションであっても、「ありがとう」の一言だけは忘れてはいけないでしょう。

  • 【2】運転中、ぶつかりそうになった車を口汚く罵ったとき

    「『チッ危ねえだろが』って言ってて引いた」(20代男性)など、普段おしとやかな女性がハンドルを握って性格が変わると、男性は「こっちが本性だ」と思うようです。リラックス効果のあるガムを噛みながら運転するなど、攻撃的な気持ちにならない工夫をしてみてはいかがでしょう。

  • 【3】「疲れた」「飽きた」などの不満をすぐ口にするとき

    「ものすごくテンションが下がる」(10代男性)など、デートの不満を相手に押し付けるような発言は、男性をげんなりさせるようです。疲れたなら「ちょっと休憩しない?」と提案するなど、楽しい雰囲気を壊さない伝え方を意識するとよいでしょう。

  • 【4】やたら高額な洋服やアクセサリーなどをねだられたとき

    「ズバリ金目当てだなと」(30代男性)など、男性に高価なプレゼントを催促すると、非常に悪い印象を与えるようです。特に付き合いが浅い段階だと、相手を「財布扱い」していると思われかねません。自分で買えないほど高価なものをねだるのは避けるべきでしょう。

  • 【5】買い物中、手にとった商品を乱暴に棚に戻したとき

    「自己中っぽいと思った」(20代男性)など、一度手にした商品の扱いの雑さから、お店や店員に対する気配りのなさが見透かされるようです。広げた洋服なら畳んで戻すなど、ちょっとした気遣いが男性に好印象を与えるはずです。

  • 【6】他の男性からアプローチされていることをほのめかしてきたとき

    「駆け引きしようとする嫌らしさを感じる」(20代男性)など、他の男性からのアプローチについて語ると、男性はズルさを感じるようです。無理に「恋の鞘当て」を演出しようとせず、デート中は目の前の相手とまっすぐ向き合うべきでしょう。

  • 【7】女友達や職場の同僚についての悪口を長々と聞かされたとき

    「裏表のある性格なんだなと思う」(20代男性)など、女性同士なら盛り上がる人間関係のグチも、男性は好まない傾向があるようです。ストレスが溜まっていて誰かに聞いてほしくても、デートに適した話題ではないと心得るべきでしょう。

  • 【8】レストランなどで、店員への態度が偉そうだったとき

    「最悪なクレーマーになりそう」(20代男性)など、客という立場を利用して偉そうな態度を取ると、横柄な性格だと思われるようです。店員のサービスに不備があっても感情的にならず、冷静な口調で正しい対応を求めるなど、スマートに振舞いたいものです。

  • 【9】目の前で見知らぬ子供が転んだのを見ても、そのままスルーしたとき

    「さすがにドライすぎる」(20代男性)など、道で出会った子供が泣いていることに何の関心も示さないと、冷たい人間だと思われてしまうようです。一言「大丈夫?」と声をかけてあげるだけでも、優しい女性だと思ってもらえそうです。

デート中の男性は、女性の自分への態度だけでなく、第三者に対する言動にも気を配って見ているようです。デートの時間を楽しいものにするためには、彼氏だけでなく周囲の人々にも優しい気持ちで接することが必要といえそうです。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock