事実無根なのに、彼氏に浮気を疑われた「まさかのきっかけ」9パターン


男性が浮気を疑うポイントは、人によってかなり異なるようです。想定外のツッコミに驚かないために、「まさかのきっかけ」を知っておいて損はないでしょう。そこで今回は、10代から30代の独身女性286名に聞いたアンケートを参考に、「事実無根なのに、彼氏に浮気を疑われた『まさかのきっかけ』」を集めてみました。

  • 【1】仕事の付き合いで、男性が同席する飲み会に出席したこと

    「会社の飲み会に行くにも説得しないとダメなんです」(20代女性)というように、たとえ職場の同僚でも、お酒の場に男性がいたというだけで怪しまれることがあるようです。面倒でも、事前に飲み会の日程と帰宅時間を伝えて彼氏を安心させてあげましょう。

  • 【2】ほかの男性にボディタッチされても払いのけなかったこと

    「とっさに拒絶できないことだってあるでしょ?」(30代女性)というように、何かの場面で男性から接触されたことを「相手に気があるのでは?」と誤解された人もいます。彼氏がムッとした目で見ているようなら、あとで二人きりになったとき「あー気持ち悪かった…」とフォローを入れたほうがいいかもしれません。

  • 【3】初めて見せるアクセサリーを身に着けたこと

    「なぜか、『誰に買ってもらった!?』という展開に…」(20代女性)というように、見慣れないアクセサリーから「ほかの男の影」を疑われることもあるようです。嫉妬深い彼氏の前で新品を身に着けるときは、まず「これは○○で買った」などと来歴を説明するのが無難でしょう。

  • 【4】ダイエットして、とてもキレイになったこと

    「モテたくて痩せたと思われた。まあ間違ってはいないけれど…」(20代女性)というように、キレイになるための努力が実ったのに、浮気を疑われてしまった気の毒な人もいます。最初から「もっと愛されるため」などダイエットの目的を彼氏に伝えておいたほうが良さそうです。

  • 【5】女友達と会った話を聞かされても「よかったね」で済ませたこと

    「『ほかの女と会っていいってことかよ!』とまさかの逆ギレ」(20代女性)というように、「嫉妬しないのは、よそに気になる男がいるからだ」と決めつけられるケースです。かまってほしくてほかの女性の話をする男性もいるので、この手の話を振られたら、嘘でも妬いてあげましょう。

  • 【6】同じ沿線に住む同僚男性と途中まで一緒に帰ったこと

    「『路線が同じなら車両変えるだろ普通』だそうです」(20代女性)というように、ほかの男性と同じ電車で帰っただけで、関係を疑われた人もいます。面倒な彼氏の場合、異性と並んで歩いた事実を最初から明かさないほうがいいかもしれません。

  • 【7】格闘技や海外スポーツなど、男性が好む話題を披露したこと

    「元カレの影響だけど、それがよろしくないみたいで…」(20代女性)というように、本来、女性が疎いはずの話題に詳しいと、「誰かに吹きこまれたのでは」と邪推される恐れもありそうです。万一、「なんで詳しいの」と彼氏に突っ込まれたら、もともと好きだったと言い張りましょう。

  • 【8】一緒に行っていない映画の話をしたこと

    「映画を一人で観るのが好きなだけだけど…」(20代女性)というように、彼氏の知らない作品の話をして、「ほかの誰かとデートしたのか?」と勘繰られるパターンです。トラブルを防ぐためには、どんな映画でも、まずは彼氏に「一緒に行く?」と声を掛けるようにするといいかもしれません。

  • 【9】「セクシーハゲっていいよね」など、彼氏とは違うタイプの男性を褒めたこと

    「彼が『アヒル口が好き』っていうのと一緒なのに」(30代女性)というように、彼氏に当てはまらない「好みのタイプ」を褒めた結果、浮気疑惑をかけられた人もいます。たとえば、「〇〇も悪くないよね」などと言い方を工夫するだけで、与える印象は随分変わるでしょう。

ほんの些細なことで不安になってしまう彼氏もいます。普段からお互いの心をさらけ出すことが、余計な疑いを生まないためのコツと言えるかもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年9月16日(月)から9月23日(月)まで
対象:合計286名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock