幸せなカップルにも訪れる婚約解消の危機9パターン


どんな仲良しカップルでも、いざ結婚が迫るとギクシャクすることがあるようです。でも、二人の間にどんな危機が訪れるのか知っておけば、なんなく乗り越えられるかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見を参考に、「幸せなカップルにも訪れる婚約解消の危機」をご紹介いたします。

  • 【1】婚約解消できるタイミングでマリッジブルーになったとき

    「結婚後の悪いイメージが湧いてしまう」(20代女性)というように、まだ引きかえせる時期だからこそ、彼との生活を考え不安や憂鬱を感じてしまう女性は多いようです。そうなったときは、結婚の先輩である母親や友人に話を聞いてもらうと、心が落ち着くかもしれません。

  • 【2】婚約後に大げんかをしてしまったとき

    「別れなかったけど、終わったと思いました」(20代女性)というように、結婚前は二人とも精神的に不安定で、小さなことが原因でケンカに発展しやすいようです。元々は全くの他人だった人間同士が一緒になるのだから、ケンカは夫婦になるためのプロセスのようなものだと気楽に捉えましょう。

  • 【3】結婚相手の両親と馬が合わないとき

    「彼のお母さんとやってけるのかなと…」(30代女性)というように、婚約者の家族が苦手なので、結婚後が不安で仕方がないという女性もいます。まずは、家族との付き合いについて悩んでいることを彼に相談すれば、解決策を一緒に考えたり、家族と話し合ってくれるかもしれません。

  • 【4】彼が結構な額の借金をしているのが判明したとき

    「彼が返済した後に結婚したい」(20代女性)というように、婚約者に借金があると分かり結婚を考え直したという女性もいます。婚約前に借金の有無とその理由を確かめて、ただの浪費家だと分かったら、関係を見直したほうがいいかもしれません。

  • 【5】彼が元カノからヨリを戻そうと迫られているとき

    「ときどきメールや電話が来ていた」(20代女性)というように、彼の元恋人が復縁を迫ったため、修羅場になってしまったカップルもいるようです。そうした事態を防ぐために、婚約前に、元カノとの縁を完全に切り自分だけを見ることを、彼に約束してもらうといいでしょう。

  • 【6】婚約したとたん、「今のうちに」とばかりに彼がほかの女性と遊ぶようになったとき

    「結局彼が浮気したので別れました」(30代女性)というように、結婚前に彼がハメを外してトラブルになったカップルもいます。彼が「独身最後を仲間と楽しく過ごしたい」のようなことを言ったら、「信用しているから」など一言釘をさすといいかもしれません。

  • 【7】実はまだ彼のなかで結婚の意志が固まっていなかったとき

    「直前でビビってしまったみたい」(20代女性)というように、結婚のプレッシャーに婚約者が負けてしまい、破談になるというケースもあるようです。押しに弱いタイプの彼氏には、自分から結婚を急かしすぎず、覚悟が決まるまで待ってあげましょう。

  • 【8】結婚式の準備などに彼が協力的でないとき

    「仕事で忙しいのはお互いさまなのに」(30代女性)というように、彼が一切結婚式の準備を手伝わなかったことが原因で、険悪になるカップルもいます。どんな準備があるのかわからない男性も多いので、事前に役割分担を決めて、任せる仕事を明確に伝えておくといいかもしれません。

  • 【9】彼よりも素敵な男性と出会ってしまったとき

    「運命の人と出会い、彼への気持ちは冷める一方でした」(20代女性)というように、婚約中に彼を超える魅力的な男性と出会い、結婚を思いなおした女性もいます。ただし、結婚を控えているという特別な状況が気分を盛り上げている可能性もあるので、自分の気持ちを冷静に分析したほうがいいでしょう。

「幸せなカップルにも訪れる婚約解消の危機」には、ほかにどんなものがあるのでしょうか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock