彼氏の男友達に悪印象を残してしまう初対面の態度9パターン


仲良く付き合っている彼氏がいれば、その男友達とも仲良くしたいと思うのが女心。では、初対面のときにどんな態度をとると、逆に悪い印象を残してしまうのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「彼氏の男友達に悪印象を残してしまう初対面の態度」をご紹介します。

  • 【1】セクシー過ぎる格好で待ち合わせ場所に現れる

    「『この子大丈夫?』って思っちゃう。やっぱり見た目は大事」(20代男性)など、いくらお洒落でも、胸元が開いているなどセクシー過ぎるファッションだと、男友達としては素行が心配になるようです。初対面のときくらいは上品に見える服を選びましょう。

  • 【2】男友達そっちのけで彼氏とばかり話している

    「せっかく会ったんだから、彼氏とだけ話すのはナシでしょう」(20代男性)など、極端に男友達とのコミュニケーションを避けると、気分を害する人がいてもおかしくありません。恥ずかしがり屋で初対面の人とうまく話せないなら、先に彼氏に伝えておいてもらったほうがいいでしょう。

  • 【3】彼氏にワガママを言って小悪魔的に困らせる

    「遊ばれてるんじゃないか心配」(20代男性)など、男友達の前で彼氏にワガママを言うと、真剣な交際なのか不安に思う男性もいるようです。普段の力関係はどうあれ、男友達の前では彼氏を立てる態度をとったほうが好印象でしょう。

  • 【4】ムスッとしていて愛想がない

    「こんな子といて楽しいのかな?」(20代男性)など、あまりに愛想がない態度をとっていると「よりによって何でこんな子を…」と解せない気持ちになる男性もいるようです。もし退屈していても、まわりには気取られないよう努めて笑顔をキープしましょう。

  • 【5】言葉遣いが雑で品がない

    「こっちが年上なのにタメ口だったりすると最悪」(20代男性)など、意外にも言葉遣いを気にする男性は多いようです。自分はフランクに話しているだけのつもりでも「失礼なヤツ」と思われてしまう可能性があるので、打ち解けるまでは「基本は敬語」と心得ましょう。

  • 【6】すっぴん&スウェットなど身だしなみがなっていない

    「人に会う格好じゃないでしょ。雑に扱われてる気がする」(20代男性)など、ラフ過ぎる格好で男友達に会うと、「礼儀がなってない!」と腹を立てる男性もいるようです。完ぺきなお洒落をしていく必要はありませんが、最低限初対面の相手に対して失礼にならない程度には身だしなみを整えましょう。

  • 【7】初対面の人に対してもツッコミがキツい

    「性格がキツい子なのかな? 彼氏は苦労しそう」(20代男性)など、初対面から「バカじゃないの?」など激しくツッコミを入れると、「怖い子なのかも」と思われてしまうことがあるようです。特に関西弁の女性のツッコミは、ほかの地域の人にはキツく聞こえることがあるので注意しましょう。

  • 【8】下ネタなどぶっちゃけトークを展開する

    「面白い子かもしれないけど、初対面だと驚きそう(苦笑)」(20代男性)など、最初からエンジン全開で素の自分を見せてしまうと、驚く男性もいるようです。その手の話はもう少し親しくなってからにしたほうがいいかもしれません。

  • 【9】お会計のときに財布を出す素振りも見せない

    「とやかく言うことじゃないけど、オレの彼女だったらイヤ」(20代男性)など、お会計のときに「おごられて当然」という態度をとると、反感を覚える男性もいるようです。結果的におごられるとしても、一度はお金を払う素振りを見せたほうがいいでしょう。

ほかにも「初対面でのこんな態度は彼氏の男友達に悪印象」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock