思わずキュンとした「彼氏の可愛い甘え」あるある


男性に「守られている」と感じる安心感は心地よいものです。しかしいつもと逆に、ふいに男性に甘えられて、そのギャップに萌えた経験はありませんか? 今回はオトメスゴレン女性会員の調査結果をもとに、「思わずキュンとした『彼氏の可愛い甘え』」をご紹介します。

  • 【1】タイトル

    ◆「急に声が聞きたくなって」と突然電話してくる
    「自分にもそういう時があるから、気持ちがすごく分かって嬉しくなる」(30代女性)
    「必要としてくれている感じがしてほっこりする」(20代女性)
    「普段はクールな彼なので、余計に可愛く感じる」(20代女性)

    ◆仕事などの忙しさに負けて「もうダメだー」と弱音をはかれる
    「私だけに弱さを見せてくれてると思うとキュンとする」(20代女性)

    ◆「あれ作ってよ」と得意料理をお願いされる
    「私の得意な料理を好きになってくれたんだ、とやる気になる」(20代女性)

    ◆「温めて」と、外で冷えた手を差し出してくる
    「無条件になんとかしてあげたくなる!」(20代女性)



    男性は「常に男らしく堂々としていなければ…」という「男らしさ」信仰にとらわれていることが多いものです。だからこそ、たまには彼女に思いっきり甘え息を抜いて過ごしたいと思うことも。そんな彼氏の甘えを優しく受け止めれば、ふたりの距離はグッと近づくこと間違いなしです。(Office Ti+)