男性が人生で強く結婚を意識する瞬間9パターン


結婚を意識する女性なら、彼氏にも同じように結婚を意識してほしいと思うもの。では、男性が自然と結婚を考えるのは、どんなタイミングなのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性が人生で強く結婚を意識する瞬間」をご紹介します。

  • 【1】30歳など年齢的な節目に立ったとき

    「深い意味はないけど、30歳になると『そろそろ…』と考えはじめる」(30代男性)など、年齢が男性の意識を結婚に向かわせることもあるようです。特に子どもがほしいと考えている男性は、年齢的な節目に背中を押されるのではないでしょうか。

  • 【2】友人が一人でも結婚したとき

    「自分も『そういう年になったんだな』と少し焦りを感じました」(20代男性)など、他人の結婚が自分を省みるきっかけになることもあるようです。友達の間で結婚ラッシュがはじまると、のんびり屋の彼氏でも重い腰を上げるのではないでしょうか。

  • 【3】就職して一人前になったと感じたとき

    「社会人になってはじめて、自分も『大人』になったと感じた」(20代男性)など、就職という節目は、男性がはじめて自分のことを「他人を養える大人」と認める瞬間であるようです。学生時代は「結婚なんてまだ先」と思っていた彼氏も、社会人になれば前向きに結婚を考えるかもしれません。

  • 【4】昇進や起業で社会的な成功を得たと感じたとき

    「役職についたとき、これで安心して結婚できると思いました」(20代男性)など、結婚生活には幾多の苦難が予想されるため、働く男としての自信が結婚生活への自信につながることもあるようです。彼氏の仕事を応援することが、間接的に結婚への近道になるかもしれません。

  • 【5】父親が結婚した年齢になったとき

    「父親の結婚年齢はなんとなく目安にしてる」(20代男性)など、一番身近なカップルという意味で、親の結婚年齢を意識する男性もいるようです。「今年、ウチの母親が結婚した年になるんだよ」などと言うと、自然な流れで結婚について考えてくれるのではないでしょうか。

  • 【6】親が病に倒れたとき

    「『自分がしっかりしなきゃ』と思ったとき、一番に結婚が頭に浮かんだ」(20代男性)など、親もずっと元気でいるわけではないという現実を知ると「孫の顔を見せたい」と考える男性が多いようです。彼氏と一緒にお見舞いに行き、人間関係を構築していくと、スムーズに結婚話が進むかもしれません。

  • 【7】統計的な平均結婚年齢に達したとき

    「まわりと比べるものじゃないけど、正直『出遅れた!?』と思った(苦笑)」(20代男性)など、人それぞれだとわかっていても、平均結婚年齢が気になる人は少なくないようです。「35歳を超えて結婚できる確率は男性が3%、女性が2%」などの怖いデータもあるので、さりげなく話題にしてはいかがでしょうか。

  • 【8】自分が病気になったとき

    「病気になると一人の寂しさが身にしみる」(20代男性)など、病気をきっかけに独り身の心細さを感じ、結婚願望を抱く男性もいるようです。献身的に看病をしてあげると「この人となら!」と結婚を決心してくれるかもしれません。

  • 【9】貯金がある程度の金額になったとき

    「家族を作るんだから、やっぱりお金は大事」(20代男性)など、不景気なご時世では、経済的な問題で結婚に踏み切れない人もいます。そのため、ある程度の貯金が家計を支える者としての自信につながるのでしょう。「結婚しても仕事は続けたい」などと言うと、さらに男性へ安心感を与えられるのではないでしょうか。

ほかにも「男性はこんな節目に強く結婚を意識する」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock