彼ママと連絡先を交換しないほうが無難な理由9パターン


まだ結婚は考えていなくても、彼氏のお母さんと仲良くしておくに越したことはありません。とはいえ連絡先まで交換してしまうと、弊害が生じることもあるようです。そこで今回は、10代から30代の独身女性279名に聞いたアンケート調査を参考に「彼ママと連絡先を交換しないほうが無難な理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】どうでもいい報告や相談メールが送られてきても困るから

    「大切な自分の時間が吸い取られます」(20代女性)というように、彼ママからの些細なグダグダメールに付き合わされる恐れがあるからです。すでにメアド交換済みで手遅れならば、笑顔の絵文字だけを返すなどあっさりした対応を心がけるといいでしょう。

  • 【2】仲良くなりすぎると彼を嫌いになっても別れにくくなるから

    「親と近づきすぎると、彼氏と揉めたときにめんどくさい…」(30代女性)というように、彼ママと親しくなると、彼氏と別れにくくなる恐れがあるからです。結婚を見据える段階になるまで、ほどよい距離感を保ったほうが無難かもしれません。

  • 【3】いちいち2人の行動や進展を報告しなくてはいけなくなるから

    「『今日はどこ行って来たの?』とか詮索されても…」(20代女性)というように、逐一2人のことを連絡させられる恐れがあるからです。彼氏がマメでなければ危険度はさらにアップ。矢面に立たされたくなければメアドは教えないほうがいいでしょう。

  • 【4】結婚する気はないのに将来の嫁候補としてチェックされる気がするから

    「まだ結婚も考えていないのに、『生理は順調?』とかメールがきてウザい」(20代女性)というように、嫁候補として監視される恐れがあるからです。過干渉な彼ママであれば、連絡手段はできるだけ絶っておいたほうがいいでしょう。

  • 【5】身内のイベントへの誘いなど、嫁扱いされても面倒だから

    「メアドを伝えてしまうと、法事やお祝いごとに気楽に呼ばれちゃう」(20代女性)というように、身内の集まりに呼ばれて嫁扱いされる恐れがあるからです。「そこまでの付き合いは無理」なら、メアドを教えないのはもちろん、彼氏にも意向を言い含めておいたほうがいいでしょう。

  • 【6】知りたくもないマザコンエピソードを披露され、彼から心が離れていきそうだから

    「『息子はママっ子』と言う人に限って子離れもできてないからウザい」(20代女性)というように、彼氏のマザコン度を聞かされ気分が萎える恐れがあるからです。息子の彼女をライバル視するような彼ママなら、あらかじめ警戒するに越したことはないでしょう。

  • 【7】Facebookアカウントを割り出され、過去の恋愛まで調べ上げられそうだから

    「友達申請されたら断れない」(20代女性)というように、SNSのアカウントを検索される恐れがあるからです。もしもに備えメアド連携を解除するのはもちろん、ほかの友達を通じて自分のアカウントがバレても、彼ママには投稿内容が見えないよう設定するなど予防策が必要でしょう。

  • 【8】「車で迎えに来てくれる?」など、お母さんのパシリにされそうだから

    「人使いの荒いオバさんに連絡先を教えるなんて…できません!」(20代女性)というように、彼ママに都合良く使われる恐れがあるからです。たとえメアドを交換しても、「仕事中はケータイ見られないんです!」とアピールするなど、急なお願いには対応できない体制を整えておきましょう。

  • 【9】くだらない内容でも絶対にすぐ返信しなくてはいけなくなりそうだから

    「気が弱い私には、放置なんてできないし…」(30代女性)というように、彼ママからのメールには即レスしなければ角が立つ恐れがあるからです。気が弱い人ほど「メアドを教えない方針」を死守したほうがいいでしょう。

とはいえ、彼ママから「メアド交換しましょう」と言われたら、断りづらいのも事実。もしもの事態に備えて、あらかじめ彼氏に「お母さんとは仲良くはするけど、メアドは交換したくない」と根回ししておくといいでしょう。
(熊山 准)


【調査概要】
期間:2013年9月16日(月)から9月23日(月)まで
対象:合計279名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock