フツメンなのになぜかキュンとくる同僚男性あるある


ちょっとした仕草ひとつで、今までノーマークだった同僚が急に魅力的に見えてくる、そんな経験を持つ女性も多いようです。今回は10代から30代の独身女性197名に聞いたアンケートを参考に「イケメンじゃないけど…同僚にドキッとした瞬間」を紹介します。

  • 【1】タイトル

    ◆休憩時間から、仕事モードに切り替わる瞬間を目撃したとき
    ・「今まで談笑していたのに電話がかかってきた途端、急に仕事のトーン…ホレた」(20代女性)
    ・「外出する直前に、腕時計をつける姿が思いの外カッコ良かった」(30代女性)
    ・「コーヒー片手に部下に的確なアドバイス。こやつ、デキると思った」(20代女性)

    ◆朝からメチャクチャさわやかに「おはよう!」と声を掛けられたとき
    ・「だるーい朝だからこそ、さっそうと登場する人はまぶしく見えます(笑)」(20代女性)

    ◆「うまかったっす!」と、食堂のおばちゃんに気さくに礼を言っていたとき
    ・「誰に対しても気をつかえるのってイイ!」(20代女性)

    ◆上司がくどくど言う小言を笑顔で受け流していたとき
    ・「どちらの器が大きいかわかんない(笑)」(30代女性)


    好みのタイプでなくとも、オンとオフのギャップにドキッとしたり、気さくな態度に癒されたりすることで、相手を意識し始める人が多いようです。「これってもしや恋?」と感じたら、ライバルが現れる前に、アプローチしたほうがいいかもしれませんよ。