口説いてきた男性を避けるときの行動あるある


好きでもない男性からのアプローチは、ありがたいけれど困りもの。同じ断るにしても、やんわりと伝えなければ、人間関係にヒビが入りかねません。そんなとき、みなさんはどうしているのでしょうか? オトメスゴレンの女性会員に「恋愛対象じゃない男性のアタックを断るために女子が取る行動」を聞いてみました。

  • 【1】タイトル

    ◆忙しいふりをしてとことん避ける
    「電話も出ないし、約束もどんどん先延ばしにする(苦笑)」(20代女性)
    「2人になる時間がなければ、いい雰囲気になりようがない!」(10代女性)
    「今は仕事に没頭していて恋愛モードじゃない、と思ってもらう」(30代女性)

    ◆正反対のタイプの元カレの話をする
    「『恋愛対象じゃないんだよなー』って言ってるって気づいて!」(20代女性)

    ◆「大事な男友達をなくしたくない」と友達関係を強調する
    「付き合う気はしないけど、ギクシャクするのは嫌だし」(20代女性)

    ◆架空の恋愛相談を持ちかける
    「あきらめてもらうため、ウソでも『好きな人がいる』って言っちゃう」(20代女性)

    断り文句を工夫するというよりも、「男性が好意を伝えにくくする」ことがポイントのようです。確かに、はっきりと「好きです」と言われたら、どう断っても微妙な空気になりかねません。告白されないよう、水際で阻止するのがベストと言えそうです。