「釣った魚に餌をあげない彼氏」あるある


「釣った魚に餌はやらない」の言葉通り、彼氏が自分に対し「手を抜いているんじゃないか」と疑っている女子もいるようです。オトメスゴレンの女性会員を対象に「釣った魚に餌をあげない彼氏だ」と感じる瞬間を調べてみました。

  • 【1】タイトル

    ◆メールの回数が激減し、内容も「了解」などの一言になったとき
    「メールの回数と気持ちは比例していると思う」(20代女性)
    「私と話すの、めんどくさいの?って感じ」(20代女性)
    「絵文字、顔文字がなくなったのも、雑に扱われている印象」(20代女性)

    ◆お泊まりデートをしても、たいして会話もなく爆睡されたとき
    「雑に扱われている気分」(20代女性)

    ◆記念日の過ごし方が普段のデートと変わらなかったとき
    「大事にしなくてもいいと思ってるでしょ」(30代女性)

    ◆デートをドタキャンしたりしても、反省の態度が見られなかったとき
    「私が怒らないと思ってるんでしょ」(20代女性)

    上記のような態度は、女性側にも責任があるのかもしれません。男性を「どんな扱いをしても俺を好きでいてくれる」とつけあがらせないよう、ケンカのあとは敢えて電話やメールを無視するなど、本気で怒っているフリをしてみてはいかがでしょうか。いつもと違うあなたの態度に、彼も心を入れ替えるかもしれません。