彼氏が「束縛がキツイ」と怖くなる一言7パターン


少しくらいの焼きもちはカワイくても、ガチガチに束縛されるのは苦しいものです。そこで男性が「束縛されている」と感じるセリフをご紹介いたします。

  • 【1】「電話帳から、私以外の女を全部消して」

    恋人の電波圏を支配しようとすると、愛情よりも独占欲の強さが伝わってしまいます。

  • 【2】「毎晩9時に家から電話してね」

    門限を設定するような行為に男性は「信頼されてない」と腹が立つでしょう。

  • 【3】「同窓会に行ってもいいけど、女の子と連絡先を交換しないでね」

    妙な禁止令を出されると逆にルールを破りたくなるのが人心です。

  • 【4】「この指輪、外さないでね」

    指輪が手錠がわりに思えてゾッとします。

  • 【5】「昨日、何で連絡くれなかったの?」

    義務に感じると、とたんに連絡する気が失せます。

  • 【6】「美容院では男の美容師を指名してね」

    もはや「女と話すな」と同じ意味に聞こえます。背筋が凍ります。

  • 【7】「遊んでくれなきゃ、浮気しちゃうよ!」

    彼氏の都合を考えない“私にかまって”アピールも、束縛の一種です。

束縛されたら逃げたくなるのが男心です。好きな男性を信じてあげるのも、愛情ではないでしょうか。
Photo:All images by iStock