「酒飲み女子」と付き合いたくない男子の言い分9パターン


異性の好みは様々ながら、「お酒が好きな女性とは付き合いたくない」という男性もいるようです。そこにはどんな理由があるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「『酒飲み女子』と付き合いたくない男子の言い分」をご紹介します。

  • 【1】酔っ払って乱れた姿を見たくないから

    「酔った女子を見ると引く。彼女のあんな姿は見たくない」(20代男性)など、女性の酔っ払った姿に対して嫌悪感を抱く男性もいるようです。一度でも乱れた姿を見られると信用を取り戻すのが難しいので、彼氏の前ではお酒をセーブしましょう。

  • 【2】飲み会ばかりでデートができなそうだから

    「飲み会の予定ばっかでデートの時間がなくなるのは嫌だな」(20代男性)など、毎夜飲み会に繰り出してしまう酒好き女子は「デートが疎かになるのでは?」と不安視されるようです。飲み会は平日、土日は彼氏のために空けるなど、きっちり線引きするといいかもしれません。

  • 【3】彼女を一人で飲み会に行かせるのが心配だから

    「『酔った勢い』って言葉もあるくらいだし、彼女を男がいる飲み会に行かせるのは心配」(20代男性)など、彼女が浮気をするのではないかと不安に思う男性もいるようです。飲み友達の男メンバーを紹介するなど、彼氏を安心させる気遣いが必要でしょう。

  • 【4】飲み代がかかって仕方がないから

    「酒代ってバカにならない。もったいないと思う」(20代男性)など、金銭感覚が研ぎ澄まされた男性は、飲み会にかかるお金をムダだと感じるようです。「飲み会の人脈が仕事につながる」など、建設的な理由付けが必要かもしれません。

  • 【5】自分はあまりお酒が飲めないから

    「お酒が弱いから、酒好きな人とはそもそも合わない…」(20代男性)など、お酒を飲まない、もしくは弱い男性は、お酒に付き合うのが苦痛だと感じることもあるようです。デートのときはお酒を飲まないなど、相手に合わせる素振りを見せてはいかがでしょうか。

  • 【6】酔った彼女を介抱するのが大変だから

    「酔った彼女を送り届けたり、迎えに行ったりするのが面倒くさい」(20代男性)など、自力で帰れないほどお酒を飲む女性は、その面倒を見るのが面倒だと思われることもあるようです。酔いつぶれるほど飲まないなど、彼氏に頼らない飲み方をすれば、問題は解決するかもしれません。

  • 【7】「飲めない女子」のほうが女の子らしく思えるから

    「『酒好き女子』はおっさんくさい感じ(苦笑)」(20代男性)など、完全にイメージではありますが、お酒を飲めない女子に女らしさを感じ、相対的に酒飲み女子の評価が下がることもあるようです。「料理上手」など、他の部分でアピールする必要があるかもしれません。

  • 【8】つまみしか食べないなど酒飲み独特の食事スタイルが合わないから

    「食事はきちんと楽しみたい。酒飲みとは食事の好みが合わないかな」(20代男性)など、食生活の違いが問題視されることもあるようです。毎回居酒屋に行くなど、極端に自分寄りの食事スタイルに合わせてもらおうとせず、少しは相手の好みも省みたほうがいいでしょう。

  • 【9】愚痴を聞いたり泣かれたりするのが面倒だから

    「酔うと普通の子でも面倒になることがある。それが続くかと思うとげんなり」(20代男性)など、酔っぱらいにありがちな「絡み酒」「泣き酒」状態に陥るのを恐れる男性もいるようです。自分がカラリと健康的な飲み方をするなら、一度飲み会に誘って不安を解消してあげましょう。

ほかにも「『酒飲み女子』と付き合いたくない男子にはこんな言い分がある」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock