思わず「カッコイイ!」と思った先輩のボーナスの使い道9パターン


ボーナスの使い道には、その人の人間性が表れるもの。ではみんなが憧れる、素敵な使い方にはどんなものがあるでしょうか。そこで今回は、10代から40代の未婚女性371名に聞いたアンケートをもとに、「思わず『カッコイイ!』と思った先輩のボーナスの使い道」を探ってみました。

  • 【1】全額をつぎ込んでのゴージャス旅行に出かける

    「うまいビールが飲みたいと、ドイツに旅立っていきました」(20代女性)など、ボーナスを思い切ったプランの海外旅行費に充てる先輩に支持が集まりました。後輩たちに日本未入荷コスメなどの上質なお土産を渡せば、さらに株が上げられそうです。

  • 【2】超高級ブランド時計やバッグを「自分へのプレゼント」にする

    「ダイヤ入りのウン十万の時計を、一括で買った。スゴイ!」(20代女性)と、一生モノのブランド製品を思い切って購入する人もいるようです。そうした散財は「カッコイイ女性」として後輩の憧れを集めるようなので、本当に欲しいものは無理に我慢しなくてもいいのかもしれません。

  • 【3】これまで全額貯金し続け残高がえらいことになっている

    「8桁の貯金があるというウワサが…」(20代女性)と、ひたすら貯蓄に回すストイックな先輩も憧れの対象になるようです。この機会にそんな姿を見習い、ボーナス貯金をはじめてみてはいかがでしょうか。

  • 【4】後輩を引きつれて豪快に飲みに行き、全額おごる

    「あまりにも男前な先輩OLの態度に、一生ついていこうかと思った」(20代女性)のように、後輩にボーナスを還元する先輩をあげる人もいました。気前の良い先輩は評価が高いようなので、余裕があるときは後輩にランチや飲みをおごってみるといいでしょう。

  • 【5】「美と健康は良質の睡眠から」と高級スプリングのベッドを購入する

    「30万円のベッドを買う、その美意識にビックリ」(20代女性)と、生活をクラスアップする高額製品を思い切って買うのも大人のタシナミといえるでしょう。まずは小物から高品質アイテムを生活に取り入れてみて、ボーナス時の参考にしてはいかがでしょうか。

  • 【6】高額なおケイコの授業料を一括で支払う

    「ネイルスクールに全額前払いした先輩が!」(10代女性)というように、自分への投資をする先輩も、カッコイイと思われるようです。スキルアップしたら発表会や展示会に後輩を招待し、お金を払った成果を見せるともっと尊敬を集められるかもしれません。

  • 【7】すべて投資に回し、しかも3倍に増やしていた

    「外貨や株を買い、大もうけしている先輩がいます」(20代女性)と、財テクに成功した先輩も羨望の眼差しを集めるようです。けれども安易に手を出すと大損しかねないので、挑戦する際には充分に下調べをして少額からスタートしましょう。

  • 【8】親に「これまでありがとう」と高額なプレゼントを贈る

    「ご両親を高級旅館に招待したとか。真似したい!」(20代女性)など、ボーナスを親孝行に使うのも周囲に好印象を与えるでしょう。どんなプレゼントにどんなリアクションがあったかなどを話せば、今後の参考になって後輩たちに喜ばれるかもしれません。

  • 【9】大和撫子を目指し着物や帯など和装一式を買う

    「仕事始めに高そーな着物を着て出勤。素敵でした」(20代女性)というように、奮発して和装デビューをする先輩もいました。世界的に「おもてなし」が注目を集めるなか、こんな投資をすると冠婚葬祭に限らずいろんなシーンで役に立つかもしれません。

誰かのために使ったり自分への投資にあてたりと、無駄遣いのようでも未来につながる使い方が、後輩たちの支持を集めるようです。ぜひ参考にして、ボーナスの有意義な使い道をみつけてみてください。(萩原はるな)


【調査概要】
期間:2013年9月7日(土)から9月14日(土)まで
対象:合計371名(10代、20代、30代、40代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock