女性が「もしかしたら同じ人が好き?」と感じて同性の友人に思わずイラッとしてしまう瞬間9パターン


片思い中は、ライバルの存在が気になるもの。中には、相手を思うあまりに自分の友人に対して疑心暗鬼になる女性もいるようです。そこで今回は、20代から30代の独身女性393名に聞いたアンケートを参考に、「女性が『もしかしたら同じ人が好き?』と感じて同性の友人に思わずイラッとしてしまう瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】自分とその男性の関係について、根掘り葉掘り聞いてくるとき

    「しつこいと怪しい」(20代女性)のように、必要以上に二人の関係を探る友人の行為に対し、いぶかしい気持ちになる女性は多いようです。素直に気になるだけなら、「どうなの? うまくいきそう?」など軽く尋ねる程度にとどめておきましょう。

  • 【2】その男性への自分の好意に対し、「やめたほうがいい」などと言ってくるとき

    「そんなことを言う理由がわからない」(20代女性)と、素直に自分の恋を応援してくれない友人に、「もしかして」と疑念を抱く女性もいるようです。本当に友人の恋を止めたければ、相手の男性の悪い噂を知っているなど、その理由を具体的に示してはいかがでしょうか。

  • 【3】飲み会の席などで、その男性の隣をいち早く確保しているのを見たとき

    「好意があるから隣に座る」(20代女性)のように、なんとなくその席に座っただけでも、隣が友人の気になる男性だと、思わぬ誤解を招くこともあるようです。友人がチラチラその男性へ視線を送っているなど、意識している様子が感じられたら、早めに席を移動したほうがいいかもしれません。

  • 【4】いつも以上にその男性に対してスキンシップをしているのを見たとき

    「一体どんな関係?と思っちゃう」(30代女性)など、多くの女性は、友人と自分の好きな男性とのスキンシップに、「もしかして」と感じることがあるようです。過度なスキンシップは、男性からも好意があると誤解されやすいので、避けたほうがよさそうです。

  • 【5】今まで盛んにしていた恋バナを、急にしなくなったとき

    「話さない理由は何?」(20代女性)のように、女子会などで好んでしていた恋愛トークを突然しなくなると、「何か事情があるのかも」と怪しむ女性もいます。失恋などで恋バナをする気になれないなら、「そういう気分じゃない」と素直に話したほうがいいのかもしれません。

  • 【6】SNSで友人がその男性と頻繁に絡んでいるのを見たとき

    「見てはいけないものを見た気分」(30代女性)のように、直接会ってはいなくても、SNSでのやり取りだけで勘違いされることがあります。「彼女作ったら?」など、恋愛感情がないことをアピールできるメッセージを相手の男性に送ってはどうでしょう。

  • 【7】友人の視線が、いつもその男性に向いているのがわかったとき

    「好きだから見ている」(20代女性)のように、仮に偶然でも、その男性にたびたび視線が行くと、「気があるのかも」と友人に思わせてしまうようです。友人が好きな男性が近くにいるときは、その男性のいる方向に視線を向けないほうが無難と言えそうです。

  • 【8】「私たち、好きなタイプが似てるよね」と唐突に言ってきたとき

    「宣戦布告?」(20代女性)と、会話の中で何気なく発しただけであっても、「好みのタイプが同じ」という友人の発言を、「ライバル宣言」と捉える女性もいます。このような発言をしてしまったら、「昔はね」など、すぐにフォローしましょう。

  • 【9】よくその男性に話しかけているのを見たとき

    「勘違いかもとは思うけど……」(20代女性)など、好きな男性と友人が何度も言葉を交わしている様子を見て、嫉妬心からモヤモヤする女性も多くいます。友人がその男性を好きだと知っているなら、自分から声をかけるのは控えたほうがいいかもしれません。

恋に夢中になると、周囲の人の何気ない行動にも敏感になりがち。友人が片思いをしていると知っているなら、変に誤解されるような行為は慎み、素直に応援してあげてはいかがでしょうか。(鼠入昌史/Office Ti+)


【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から26日(火)まで
対象:合計393名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock