結局そんな人?元カレの結婚相手にモヤモヤした理由9パターン


元カレが選んだ結婚相手を聞いて「なんだかなぁ…」と複雑な気持ちになってしまったら、どう解消すれば良いでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身女性320名に聞いたアンケートを参考に「『結局そーゆー人を選んだワケね』と元カレの結婚相手にモヤモヤした理由」を紹介します。

  • 【1】「専業主婦になってほしい」とこだわっていたのに、バリキャリ女性と共働き予定と知ったから

    「私が仕事を辞められなかったから別れたのに…」(30代女性)というように、自分たちの出した結論が「無意味だった」と感じてやりきれなかったという人も。ふたりの別れは彼の価値観を変えるほど大きかったんだと前向きにとらえれば、せめて気が休まるかもしれません。

  • 【2】「性格重視」と公言していたのに、モデル並みの美女と聞いたから

    「『ハートが大事』って言ってたの誰!?」(30代女性)というように、元カレの口癖を空しく思い出す人もいるようです。「お相手は顔も心もキレイなのね」と想像するとしゃくにさわるので、「ごたくを並べても所詮、美人好き!」と割り切って忘れてしまいましょう。

  • 【3】「未練はない」と断言していたのに、中学時代の元カノとよりを戻したらしいから

    「私はただの中継地点?」(20代女性)というように、自分よりも、同郷の女性と彼の絆のほうが強かったのだとみじめになる女性もいるようです。昔にこだわるより、「自分の運命の相手」を見つけて、こちらも思い出を塗り替えてしまいましょう。

  • 【4】別れてすぐだったのに、背格好などが自分と似ている子を選んだから

    「好みの外見なら誰でも良かったの?」(20代女性)などと、「元カレの自分への本気度」に今更ながら疑問を持った人もいるようです。とはいえ、「ぽっちゃり」などといった身体的スペックも自分の魅力の一部だと、大らかに考えたほうが良いかもしれません。

  • 【5】年上好きと言っていたのに、ピチピチの新入社員に決めたから

    「私には3年もウダウダ甘えてたのに、新人にソッコーで手を出すなんて!」(30代女性)などと、時間をムダにした悔しさが募る人もいるようです。このままさらにお局様一直線にならないよう、社内では何食わぬ顔をして、社外で婚活を頑張りましょう。

  • 【6】「子どもは苦手」と意見が合っていたのに、子ども好きそうな幼稚園の先生だったから

    「結婚するなら子ども好きの人が良かったのかな…」(20代女性)などと、昔の彼の本音を考え込む人もいるようです。変えられない過去を悩むより、「次の恋の相手が子どもが欲しいと言ったら、私はどうするんだろう」と自分の気持ちを掘り下げてみましょう。

  • 【7】「自立した女性が好き」と言っていたのに、金持ちの箱入り娘だったから

    「妻の親が持つマンションにタダで住むって、ムカつく」(20代女性)などと、元カレ夫婦が得た「親の援助」にむしゃくしゃする女性もいるようです。うらやむより、言動を一致させずプライドを捨てた彼は小さい男だったのだと、記憶から抹消しても良いでしょう。

  • 【8】高い理想を掲げていたのに、社内一、地味な同僚だったから

    「私のほうが人気あったのに!」(30代女性)などと、自分よりモテない女性を選んだことにイラつく人もいるようです。「恋愛と結婚は別」という言葉を思い浮かべ、彼が選んだ相手を分析すると、自分への良い教訓になるかもしれません。

  • 【9】「それぞれの趣味を楽しめばいい」と言っていたのに、同じアウトドア派の女性だったから

    「インドア派の私はスキューバダイビングなんて無理。お相手はきっとできるのね…」(20代女性)というように、すれ違いで生じた破局を引きずっていると、素直に祝福できないかもしれません。ありのままの自分を出せる趣味に没頭して吹っ切ってしまいましょう。

元カレの結婚の知らせに、理由が何であれ心中穏やかでなくなるとしたら、自分の心の見つめどきかも。一歩進む良い区切りにしましょう。(水谷仁美)


【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで
対象:合計320名(10代、20代、30代 の独身女)性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock