付き合っている彼女の意外な一面に、男性が心底驚いてしまった瞬間9パターン


恋人として付き合いが深まると、相手の隠れた一面に触れることがあります。日頃とのギャップが大きいほど、その意外性がショックに変わるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「付き合っている彼女の意外な一面に、男性が心底驚いてしまった瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】普段は丁寧な話し方なのに、怒ると下品な言葉遣いで罵ってきたとき

    「怖かった。いつもは猫かぶってたの?」(20代男性)など、日頃大人しい女性が逆上して荒っぽい言葉遣いをすると、彼氏はかなり驚くようです。「こっちが本性?」と思われかねないので、喧嘩をするときも女性らしい口調は忘れたくないものです。

  • 【2】いつも強気な自信家なのに、怪談が苦手な怖がりだったとき

    「たまには弱そうなところを見たい(笑)」(20代男性)など、「怖がり」という弱点は女性らしさに通じるため、可愛いギャップとして好意的に受け止められるようです。わざとらしい演技と思われないように、どうせなら心の底から怖がりましょう。

  • 【3】おっとりしたタイプなのに、嫌っている知人の不幸を喜んだとき

    「『ざまぁ!』とか言ってて引いた」(10代男性)など、他人の不幸を陰で笑うような言動は、恋人であっても不快なようです。特に女性同士の人間関係の機微は、男性にはわかりづらいもの。「性格が悪い」と思われかねないので、表に出さないほうがいいでしょう。

  • 【4】サバサバした性格で男友達も多いのに、嫉妬深い束縛タイプだったとき

    「どっちなんだよ」(20代男性)など、自分の異性関係は棚に上げて恋人を束縛する女性もいるようです。自分が自由に振る舞っているほど、相手は不満を感じるはず。せめて彼氏に要求するのと同じく、自分も浮気を心配させるような行動は控えるべきでしょう。

  • 【5】服装はいつもオシャレなのに、自宅はアニメグッズで一杯だったとき

    「別に悪いことじゃないけど…とにかく驚いた」(20代男性)など、最近はオシャレな女性のなかにも、二次元を愛好する人がいるようです。彼氏が自宅に遊びにきて初めてバレるよりは、事前に「趣味」のことを伝えておいた方がショックは少なそうです。

  • 【6】テキパキ行動するのに、手先が不器用すぎると知ったとき

    「蝶々結びができないのには衝撃を受けた」(20代男性)など、女性は「手先が器用」というイメージがあるため、不器用なことに驚く男性もいるようです。ぶきっちょが悪いわけではありませんが、日用品の扱いくらいは上手にこなしたいものです。

  • 【7】清楚なタイプなのに、多くの男性にチヤホヤされるのが大好きだったとき

    「清楚系ビッチは実在した…」(20代男性)など、男性から好意を寄せられることは嬉しいものですが、「いろんな人にチヤホヤされたい」と思って行動すると、彼氏には見透かされてしまうようです。大切な恋人がいるのなら、その相手としっかり向きあうことが重要でしょう。

  • 【8】素直で正直そうなのに、些細な事柄で嘘をついてきたとき

    「大事なことでも、こうやって嘘をつくのかな」(20代男性)など、一見素直そうなタイプの女性がつく嘘は、小さくても彼氏に大きな衝撃を与えてしまうようです。「嘘つき」というイメージを持たれないように、常に誠実でいることを心がけたいものです。

  • 【9】付き合う前は自称「料理上手」だったのに、料理が下手だったとき

    「デートに持ってきてくれたお弁当、本当はお母さんが作ったんだって…」(20代男性)など、女子力をアピールしようと「料理上手」だと見栄をはっても、長く付き合えばボロがでるもの。どうせなら、それを真実にするべく料理の特訓をした方が前向きでしょう。

ほかにも、「付き合っている彼女の意外な一面に、男性が心底驚いてしまった瞬間」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock