バツイチ女性に対し男性が「つき合うのは勇気がいるな…」と及び腰になる理由9パターン


離婚経験のある女性を恋愛対象から外してしまう男性に、バツイチ女性が彼女候補として見てもらうにはどうしたらいいのでしょうか。そこで今回は『スゴレン』男性読者のアンケートを参考に、「バツイチ女性に対し男性が『つき合うのは勇気がいるな…』と及び腰になる理由9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】家族愛が欠如しているのではと考えてしまうから

    「家庭を大切にしない人なのかなと勘ぐってしまう」(20代男性)など、他人への愛情が薄いのではと心配する男性も。SNSやブログで両親や兄弟の誕生日を温かく祝った様子をアップすると、好印象なのではないでしょうか。

  • 【2】勢いだけで計画性なく結婚したのかと思うから

    「短い交際期間で結婚したんじゃないの?」(20代男性)と、安易に人生の決断をした結果、バツイチなのではと思う男性もいるようです。将来性のある資格取得の勉強をするなど、恋愛・結婚とは関係なくとも計画性のある生き方を見せると、誤解がとけるかもしれません。

  • 【3】将来結婚しても不満があるとすぐに離婚を切り出しそうだから

    「自分の主張だけを押し通しそう」(20代男性)というように、他人に合わせることができない性格なのではと疑う男性も。自分が悪いときは素直に「ごめんなさい」を言うだけでも、ワガママ疑惑を払拭できるかもしれません。

  • 【4】男性に対して強い警戒心・不信感を持っていそうだから

    「デートに誘ってもOKしてくれなそう」(30代男性)など、ガードが固そうと考える男性もいるようです。気になる男性には、自ら「この映画観たいんだよね」「あのイタリアンのお店行ってみたい」と、男性が誘いやすくなる話題を振ってみるといいのではないでしょうか。

  • 【5】前夫と年収や仕事内容を比較されそうだから

    「僕の年収が低いので気になってしまう」(30代男性)など、前夫に勝手に劣等感を抱いている男性も。世間話の流れから、「仕事人間じゃなくて自分の趣味の時間を楽しめる人がいいな」と言うことで、男性に年収や仕事内容でのプレッシャーを与えずにすむのではないでしょうか。

  • 【6】子持ちの場合、2人きりの時間が取れなそうだから

    「デートするのも一苦労なイメージ」(20代男性)など、子供の世話があるため子持ち女性とは2人きりの時間が作りにくいと思う男性もいるようです。ときには両親や保育所に子供を預け、男女グループの飲み会やバーベキューに参加すれば、周囲の男性に子持ち女性でも自分の時間は取れるというアピールができるでしょう。

  • 【7】親族や友人からの目など、世間体を気にしてしまうから

    「古い価値観の人たちから反対されそう」(20代男性)という理由で、彼女にした場合、親族や友人に紹介しにくいと悩んでしまう男性も。丁寧な言葉遣いや礼儀作法を身に付けておけば、男性の目には「この人なら古い考え方の親戚なんかにも好印象を与えられるな」と映るかもしれません。

  • 【8】離婚という修羅場を経験し胆が据わっていそうだから

    「別れる際、前夫と激しい言い争いをしてそう」(20代男性)という理由で、しとやかさに欠ける気がして敬遠するという男性もいました。男性によく反論してしまう勝ち気な女性は、気になる男性にだけ悩み事を打ち明けるなどしてか弱い一面を見せれば、ギャップでドキッとさせられるかもしれません。

  • 【9】前夫との関係がどうなっているのか気になるから

    「まだ前夫と繋がっているなら嫉妬しちゃう」(30代男性)というように、前夫を目の上のたんこぶのように感じる男性も。離婚を機に携帯番号を変えたり前夫と繋がっていたSNSを退会するなどして、前夫と連絡手段を絶っていることを行動で示しておくといいかもしれません。

今回紹介した振る舞いで、バツイチ女性に対するネガティブな先入観を払拭できるのではないでしょうか。むしろ離婚という人生の一大事件を乗り越えて人間的に成長したバツイチ女性を、バツナシ女性以上に魅力的と思う男性もいることでしょう。(昌谷大介/A4studio)
Photo:All images by iStock