「年下の彼女」を持つ男性が、実はひそかに困っていること9パターン


「恋に歳の差は関係ない」ものですが、実際に付き合う相手やお互いの立場によっては、それなりの苦労もあるようです。なかでも年下の彼女と付き合っている男性は、彼女本人には言えない困りごとがある様子。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「『年下の彼女』を持つ男性が、実はひそかに困っていること9パターン」をご紹介します。

  • 【1】社会経験が少ないため、「仕事より私を優先して!」と本気で言ってくる

    「二人が一緒にいるためにも仕事は大切なの!」(30代男性)など、仕事の重要性を軽んじる年下の彼女に困っている男性もいます。社会人にはプライベートより仕事を優先せざるをえない時期があるもの。逆に「頑張ってね!」とメールで応援するなど、彼氏が全力で打ち込めるように支えてあげると好印象でしょう。

  • 【2】デート代がすべて自分持ちになり、金銭的な負担が大きい

    「彼女は学生だから仕方ないとはいえ、正直キツい」(20代男性)など、年上だからといって、いつもデート代を全額払うのは厳しいと考えている男性もいるようです。たまにはお茶代を出すなど、「多少は負担する」という態度を示せば印象は大きく変わりそうです。

  • 【3】ケンカのときも、可愛く甘えれば許してもらえると思っているふしがある

    「腹が立っても怒れない、なんかズルい」(20代男性)など、年下の彼女に甘えられると、男性は怒るに怒れなくなってしまい、不満を引きずることになるようです。ケンカのたびに甘えて誤魔化していると、いつか男性がガマンの限界を感じるかもしれません。

  • 【4】人前でのマナーが悪いなど、基本的な常識が足りない

    「あまりに物を知らなすぎる」(20代男性)など、若さゆえに非常識な彼女の言動に困っている男性もいるようです。「私が変なことをしたら、すぐに教えて」と日頃から伝え、成長する意欲を見せておくと安心してもらえるはずです。

  • 【5】すぐに泣いたり怒ったりするなど、感情のコントロールが未熟

    「すぐ感情的になるから、なだめるのが大変」(20代男性)など、精神的に未成熟で感情に振り回されがちな彼女への対応に疲れた男性もいるようです。「自分がなぜ悲しいのか」、原因をキチンと言葉で伝えることを心がければ、ムダなケンカは避けられそうです。

  • 【6】共通の話題が少なく、同じ目線で会話ができない

    「ジェネレーションギャップを感じる」(30代男性)など、年齢差が大きければ大きいほど、男性が共通点の話題に悩むようです。彼氏の趣味を一緒に楽しむなど、自分から相手に歩み寄っていくことで、二人の共通点は増えていくはずです。

  • 【7】自分の男性経験を赤裸々に話すなど、恋人への配慮が足りない

    「昔の男の話はしないでほしい」(20代男性)など、彼氏の元カノの話を聞かされて嬉しい女性が少ないように、いくら余裕のある年上の彼氏でも、元カレの愚痴は聞きたくないものです。そういった恋バナは女友達にするべきでしょう。

  • 【8】恋多き年代だけに、すぐに心変わりしてしまいそうで心配

    「若い女の子はすぐ気が変わるから」(20代男性)など、彼女の愛情を信用しきれない男性もいるようです。日頃から「好き」と口に出すなど、真剣な気持ちを伝える努力をすることで、彼氏も信じてくれるはずです。

  • 【9】「デキる男」と勘違いされていて、グチを言ったり悩みを相談できない

    「俺は本当は頼りになるタイプじゃないんだよ!」(20代男性)など、年下の彼女の期待に応えたくて、無理に「デキる男」を演じている男性もいるようです。彼氏が仕事でストレスを溜めていたら「グチっていいよ」と水を向けるなど、自然体で付き合えるように気を配ってあげたいものです。

ほかにも、「『年下の彼女』を持つ男性が、実はひそかに困っていること」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock