「かわいい顔して、こいつ鬼だな…」と女性不信になりかけた瞬間9パターン


多くの男性は、女の子のちょっとした言動から「女の怖さ」を感じています。内容によっては、「気になる女の子」から「鬼」へと評価が変わってしまうことがあるようです。彼らをそこまで恐れさせる言動とはどのようなものでしょうか。そこで今回は『スゴレン』の男性読者の声を参考に「『かわいい顔して、こいつ鬼だな…』と女性不信になりかけた瞬間」をご紹介いたします。

  • 【1】女友達がその場からいなくなったとたん、その子の悪口を言ったとき

    「裏表ありすぎでしょ!」(10代男性)というように、陰口を叩くほど嫌っているのに、表面上は仲良く見せられるところに、男性は「女の怖さ」を感じるようです。人前で悪口を言うくらいなら、本人に直接不満を述べたほうが、周囲に「真っ直ぐな人」という印象を残せていいでしょう。

  • 【2】思い出の品を容赦なく捨てているのを見たとき

    「ちょっとドライすぎ。思い出の品とかないの?」(20代男性)というように、女の子がガンガン物を捨てている様子を見て、「薄情すぎる」と眉をひそめる男性も。いらない物を捨てるときでも、リサイクルできるものはバザーに出すなど、処分方法を工夫すれば印象が変わるかもしれません。

  • 【3】元彼の悪口を言っているとき

    「好きだった男に、そこまで言えるとは…」(20代男性)というように、女の子が元恋人をボロカスに言う姿を見て恐怖を覚えたという男性も。元彼を否定することは、元彼を好きだった自分を否定するのと同じであり、メリットは皆無なので控えたほうがいいでしょう。

  • 【4】女友達と激しく口ゲンカをしていたとき

    「『ハァ?』『死ねよ』とかいう言葉が出てきたことに驚いた」(20代男性)というように、女同士の過激な言葉のぶつけ合いを見てドン引きした男性も。大ゲンカに発展する前に、友達とは言いたいことを言い合っておきたいところです。

  • 【5】タイムセールなどで集まった人だかりに突進していったとき

    「戦場に向かう兵士のようだった」(30代男性)というように、女の子がタイムセール中などで大混雑の売り場に突進する様子を見ながら、後ずさりしたという男性も。お買い物に集中したいときは女の子同士で行ったほうがいいかもしれません。

  • 【6】女の子同士で、男性のダメ出しをしているのを聞いたとき

    「ちょっと見る目厳しすぎるよー」(20代男性)というように、女の子の世の男に対するダメ出し大会での発言を耳にして、自分も酷評されるのではと感じた男性も。異性への不満をぶちまけるなら、女子会など男性に聞かれることのない女性オンリーの場でしたほうがよさそうです。

  • 【7】ハエや蚊を見つけて、ムキになって叩き殺そうとしているとき

    「『親のカタキ!』みたいなノリが怖い」(30代男性)というように、害虫を殺すときの形相が必死すぎて、恐ろしかったという男性もいます。近くに男性がいるときは、「気持ち悪いから退治して」などと、相手にお願いするのがベターなのかもしれません。

  • 【8】振られて涙した次の日に、新しい男性と付き合いはじめたとき

    「こうなるのを知ってて、ほかの男をキープしてたの…?」(20代男性)というように、恋人を切らさないよう、次を用意していた女の子の周到さが怖かったという男性も。「彼氏がいない期間」に間がない場合、いつから付き合ったかを、大っぴらにしないほうがよさそうです。

  • 【9】とんでもない夜中に「今すぐ会いたい」と平気で呼び出そうとするとき

    「試すようなことをされるのがイヤ」(20代男性)というように、夜中の3時や4時などに、容赦なく人を呼び出す女王さま気質に恐怖を感じたことがある男性も。会いたい気持ちがあっても、「ぶっちゃけ夜中は困る」という男性も多いと心得ておきましょう。

多くの男性は、女の子に対して「やさしくて、心が綺麗であってほしい」という願望を抱いているようです。そのため、その理想とのギャップを感じたとき、「鬼」に見えるのかもしれません。悪口や口ゲンカなど本性がむき出しになる瞬間は、なるべく男性に見せないようにしたいところです。(外山武史)
Photo:All images by iStock