男性からの好感度が一瞬で跳ね上がる「女性の意外性」9パターン


人が人を好きになるために必要な要素は、ズバリ「刺激」。ルックスのパワーで一目惚れさせることができればラクですが、そうでない場合は二次印象で男性をドキッとさせる演出を検討したいところです。そこで今回は、『スゴレン』読者の10代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に、「男性からの好感度が一瞬で跳ね上がる『女性の意外性』」をご紹介いたします。

  • 【1】みんなの前ではサバサバしているのに、メールやLINEではかわいい絵文字やスタンプのフルコース

    「ツンデレっぽくて萌える」(10代男性)と短絡的に解釈してしまうほど、男性は「意外な女の子っぽさ」に弱いようです。クールに見られがちな女性ほど「LINEだけは感情たっぷりでかわいい」という特別感を強調できるように、普段の会話ではなるべく好意を出さないように意識しましょう。

  • 【2】普段はドジで天然ボケなのに、仕事や勉強の成績が優秀

    「ダメなヤツと思っていただけに、急に輝いて見える」(20代男性)など、「じつは優秀」という意外な真実が明るみに出て、評価が正反対になるパターンです。もともと成績優秀な人はあえて弱みを見せるなど、普段の自分のイメージとは離れた特徴や特技を見せるのがポイントでしょう。

  • 【3】服装も髪型も派手なのに、いかなる時も門限を死守する

    「遊んでるっぽい見た目に反する行動がイイ!」(10代男性)など、「根は真面目」感が好ましいギャップとして受け取られるようです。派手なルックスで誤解を受けやすい人ほど、男女関係には慎重な姿勢を見せて清純さをアピールしたいところです。

  • 【4】大雑把な性格なのに、手帳に書いている字が美しい

    「一気に清らかな人に見える」(20代男性)というように、字の美しさに隠れた女性らしさを読み取る男性もいるようです。周囲から大雑把な性格を指摘されている人は、試しにペン習字を始めてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】男勝りな性格のくせに、昆虫や幽霊を怖がる

    「ただの友達から守るべき対象に変わりそう」(10代男性)など、か弱い一面を見せることで恋心を刺激するパターンです。下手な芝居をするとぶりっ子だと思われることもあるので、あくまでも勝ち気なキャラのまま昆虫や幽霊を怖がってみせましょう。

  • 【6】外食やコンビニの弁当ばかりと見せかけて、じつは料理がうまい

    「意外と家庭的なところがあるのかと感心する」(30代男性)というように、男性にとって料理ができることはかなり好印象のようです。気になる相手の誕生日やバレンタインデーなど、いざというときに手作りの料理やお菓子をプレゼントするといいでしょう。

  • 【7】いつもかけている眼鏡を、休日やアフター5だけ外す

    「本当の顔を見たようで特別感がある」(20代男性)など、女性が「眼鏡を外す」という行為はそれだけで男性をドキッとさせるようです。眼鏡だけでなく、ヘアアレンジやメイクも変えてみるとより一層効果がありそうです。

  • 【8】上品なお嬢様キャラなのに、下ネタに乗ってくる

    「イメージを裏切るリアクションがミステリアス!」(20代男性)など、下ネタに対する反応で意外性を演出するパターンです。ただし、自分から生々しい下ネタを話すと下品だと思われることもあるので、男性の話に乗っかる程度にとどめておいたほうが良いでしょう。

  • 【9】ギャル全開のルックスなのに、言葉遣いや物腰が丁寧

    「敬語とかばっちりだと、妙に感心してしまう」(10代男性)など、ルックスのイメージに反する言葉遣いで意表をつくパターンです。とくに目上の男性と接するときは、普段よりも丁寧な言葉遣いを心がければ評価が上がるでしょう。

総合的に、第一印象とは異なる言動や、「隠れた女性らしさ」がポイントのようです。好きな人との関係性がなかなか発展しない人は、取り入れやすい項目から実践してみてはいかがでしょうか。(浅原聡)
Photo:All images by iStock